キルアまとめ②

 

キルアは、幼い頃から様々な暗殺技術や拷問に耐える

訓練を受けてきているため、多くの特殊な能力を持っている。

 

 

 能力

 

体質(耐性)

 

まず毒が全く効かない。訓練で鍛えたというが、そんなことが可能なのだろうか・・・

 

また電流も訓練していて、どんな強烈な電流でも耐えることができる。

 

ただし、電流はあくまで耐えることができるだけで、

痛みはある。

 

 

また、一瞬で相手の心臓を抜き取ることができ、暗殺者としての

能力に疑いの余地はない。

 

WS000006

 

 

・肢曲(しきょく)

 

 

WS000005

 

暗殺術の1つ。

 

足運びに緩急をつけることで、残像を生じさせ敵を幻惑する技。

 

暗歩と呼ばれる無音歩行術を応用した高等テクニックである。

 

 

念能力

 

念能力の系統は「変化系」である。

 

幼い頃から、拷問の訓練を受け電流などを体に浴びていた。

 

それを活かし、オーラを電気に変化させ、様々な攻撃に応用している。

 

・ヨーヨー

96

重さ50kgのヨーヨーに電流を流し攻撃する。

 

ヨーヨーだけでも強力な破壊力があるが、

電流を流すことにより、さらに威力を増している。

 

ただし、キメラアント編からはあまり使用されていない。

 

・神速(カンムル)・・・電光石火と疾風迅雷

 

神速とは、自身の肉体に電気の負荷をかけ、潜在能力の限界すら

超越する動きを強制する技である。

 

また神速にはさらに2種類あり、「電光石火」と「疾風迅雷」がある。

 

自分の意思で肉体を操作するものが「電光石火」で、

相手の動きに感応して、自動的に肉体が働くのが「疾風迅雷」である。

 

人間の脳というものは、電気信号によって情報を伝えている。

 

この仕組みを利用して、キルアはオーラを電気信号に変え、

直接脳に命令を出すプログラムを設定する。

 

このことで、通常ではありえない速度で反応したり

行動することができるのだ。

 

ただし、この技にも欠点がある。

 

大量の電気を必要とするためすぐに電池切れになってしまうのだ。

 

また、この技を使用しているときは髪が稲妻状に毛羽立っている。

 

神速(カンムル)はキメラアント編のオロソ兄妹との壮絶な戦いで、

生死のギリギリの状況の中この技をあみだす。

 

97

 

 

①電光石火
WS000001

 

 

②疾風迅雷

 

98

 

・落雷(ナルカミ)

 

94

 

ジャンプ中、指先にオーラをため、ここぞのところで一気に放電する。

 

稲妻のような一閃で離れた敵を攻撃し、電流を浴びせることが可能となっている。

 

・雷掌(イズツシ)

 

95

 

手のひらから電流を発して、敵に直接攻撃を行う。

 

動きを数秒止められる上、敵によっては大ダメージを与えることができる。

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓

キルアまとめ①

 

キルア=ゾルディックに関する基本情報
年齢 12歳 血液型 A型
身長 158cm 体重 45kg
誕生日 7月7日 念の系統 変化系
出身地 パドキア共和国 ハンター試験 第288回試験合格

 

生い立ち

 

暗殺一家ゾルディック家に生まれる。

 

家族から人殺しとしての天性の才能を認められ、

暗殺者としての将来を期待されている。

 

友達を作ることを許されず、幼少より暗殺技術や拷問の訓練

長い間受けたため、誰とも遊ぶことがなかった。

WS000017

 

そして自分の将来について家族と大ゲンカをして家を出て、ハンター試験に参加したときに

ゴンと出会い初めての友達ができる。

 

家族の中では妹「アルカ」と、仲がとても良い。

アルカについてはこちらの記事を見てね↓↓↓

 

人物像

 

気まぐれでウソつき。

 

何を考えているのかわからない、猫のような性格である。

 

暗殺の訓練ばかり受けていたせいか、冷酷な一面もあるが、

普段はふつうの子供と変わらない。

 

頭の回転が速く、常に冷静な判断をおこなう。

 

家族により、勝てるかわからない戦いはしないように教育を受け、

イルミの念が込められた針によって、確実に勝てるとわからない

相手とは戦えないようにコントロールされていた。(キルアは知らなかった)

 

しかし、友達ゴンを助けるために、自らの意思でその針に気づきぬく。

 

キルア針2

 

 

キルア針

 

また、暗殺稼業に反発をし、自分の自由に生きることを決意する。
続き「キルアまとめ②」はこちらをクリック↓↓↓

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓