ハンターハンター 『ハンター十ヶ条』

【ハンター十ヶ条】

WS000001

 

WS000002

 

『ハンター十ヶ条』其之一

 

ハンターたる者、何かを狩らねばならない。

 

『ハンター十ヶ条』其之二

 

ハンターたる者、最低限の武の心得は必要である。

 

最低限とは念の習得である。

 

『ハンター十ヶ条』其之三

一度ハンターの証(ライセンス)を得た
者は如何なる事情があろうともそれを取り消されることはない。

 

『ハンター十ヶ条』其之四

 

ハンターたる者、同胞のハンターを標的にしては

いけない。但し甚だ悪質な犯罪行為に及んだ者に於いてはその

限りではない。

 

『ハンター十ヶ条』其之五

 

特定の分野に於いて華々しい業績を残したハンターには

星が一つ与えられる。

 

『ハンター十ヶ条』其之六

 

五条を満たし且つ上官職に就き、育成に携わった後輩のハンター

が星を取得した時、その先輩ハンターには星が二つ与えられる。

 

『ハンター十ヶ条』其之七

 

六条を満たし且つ複数の分野に於いて華々しい業績を残した

ハンターには星が三つ与えられる。

 

『ハンター十ヶ条』其之八

 

ハンターの最高責任者たる者、最低限の信任がなければ

その資格を有することは出来ない。

 

最低限とは全同胞の過半数である。

 

会長の座が空席となった時、即ちに次期会長の選出

を行い決定するまでの会長代行権は副たる者

に与えられる。

 

『ハンター十ヶ条』其之九

 

新たに加入する同胞を選抜する方法の決定権は会長にある。

 

但し従来の方法を大幅に変更する場合は全同胞の

過半数以上の信任が必要である。

 

『ハンター十ヶ条』其之十

 

此処に無い事柄の一切は会長と

その副たる者参謀諸氏とでの閣議で決定する。

 

副たる者と参謀諸氏を選出する権利は会長が持つ。