ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第342話

WS000000
ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第342話 布告

 

自分から捕らわれることになるビヨンド=ネテロ。

 

WS000012

 

ビヨンドは予言する。

 

WS000000

 

「オレは解放され、十二支んはオレと共に暗黒大陸を

目指すことになる!!

まずお前等の心の準備が出来る様にV5の建前と

本音の話をしようか。」

 

その頃V5側が、カキン帝国の動きを受けて

どう対応するか会議をしていた。

 

WS000001

 

現在、世界地図として公表されているものは、

実は暗黒大陸を含めると、ほんの一部だった。

 

暗黒大陸中央にある巨大湖「メビウス」が

世界地図となっている。そう今ゴン達がいる世界だ。

 

その周りに巨大な暗黒大陸が広がっている。

 

これまで、人類は149回暗黒大陸への渡航に挑戦している。

 

帰還生存者は全部で28名。

 

そのうち現在も生存しているのは・・・

 

ビヨンドのみ!

 

WS000002

 

そして、この渡航には『案内人』の協力が不可欠!

 

そして、その『案内人』とは・・・

暗黒大陸を出入りするために「門番」が召喚する

亜人種(魔獣族)のこと。

 

そしてV5側は、カキン帝国と平和的に解決する

方法として、カキンをV5に入れることを考える。

 

その結果V5からV6へとなり、

そして、カキンの暗黒大陸への進出をサポートする。

 

カキンの国王が新大陸の開拓者として

歴史に記す代わりに、暗黒大陸進出によるリターンを、

6等分することを認めさせる。

 

そして、暗黒大陸との境界ギリギリのところに、

無人島がある。

 

ここを新大陸として、移民希望者の受け入れ先とする。

 

この交渉にハンター協会を利用するということだ。

 

ハンター協会は都合が良いように使われているよね。

 

ということで、V5側は結局カキン帝国の

暗黒大陸への進出は認めるようだ。

 

やっぱり戦争という方向ではなく、

一番被害が無い選択をした。

 

その代わり、暗黒大陸でカキン帝国が得たものは

割り勘だよってことだ。

 

そして、渡航するビヨンドには

監視(ハンター協会)を付けるという条件が付く。

 

話がビヨンドとチードルに戻る。

 

ビヨンドはチードルにV5に連絡するように言う。

 

ビヨンドが言うには、V5は必ず

「ビヨンドに『監視付きの渡航なら認める』

と伝えろ」と言うはずだ。

 

そしてその監視はハンター協会となるはずだ。

 

これを聞いたチードルはV5へ連絡をする。

 

そしてその結果、ハンター協会は、ビヨンドを

監視しながら、一緒に暗黒大陸に行くことになる。

 

WS000003

 

ビヨンドはしばらく拘束されることになる。

 

暗黒大陸に着くまで・・・

 

WS000004

 

暗黒大陸に移住する希望者を運ぶ輸送船1号だ。

 

WS000005

 

徐々に暗黒大陸に向けて話が進んでいく。

 

WS000013

 

その頃・・・カキン帝国の、暗黒大陸に行くメンバー

達(パリストンもいる)のところに、ジンがやってくる。

 

WS000014

 

オレも混ぜろよ。

来る者は拒まずなんだろ?」
WS000015

 

ジンが暗黒大陸に行くメンバー入りを希望する。

 

そしてジンが今回の騒動に真相を語る。

 

「今回の騒動はお前お得意の

強制二択だろ。

協会がビヨンドの挑発に応じれば、

世界中に・・・そして応じなければ

ハンター協会に
5000体の兵隊(キメラ【蟻のこと】)

を送りこむ。

ここからはオレが直接遊んでやる。

お前が勘弁してくれと言うまでな。」

 

WS000016

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第341話

WS000009
ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第340話 特命

 

前回の話で、カキン帝国が暗黒大陸に進出することを宣言した。

 

世界中の渡航リスクなどを管理している組織がある。

 

国際環境許可庁だ。

 

そこでは、あらゆる世界の渡航情報が集まっている。

 

そして、もちろん暗黒大陸に関する情報も・・・。

 

過去に暗黒大陸に渡った人間の、残骸が保存されている。

 

WS000006

 

生存者もいる。

 

食事は一切しなくても50年近く生きている。

 

WS000007

 

そして、話は変わり、

十二支ん達がネテロ元会長の遺言(DVD)を見る。

 

WS000008

 

「当時V5側は政治的な思惑から協会を避けて

独自の調査団を秘密裏に作り上げ、新世界へ向かわせた。

探検の行動決定を任う専門家の一人として名を連ねた

のがわしの息子ビヨンドじゃ。

わしの忠告を聞かず、未踏のルートを探検する事に拘った結果、

多大な犠牲者を出して戻って来た・・・

新たな厄災も抱えてな。

息子は再挑戦を望んだが、わしが死ぬまでは許可せぬ枷(かせ)を

与えた。

そしてわしも協会の新大陸進出をタブーとしたのだ」

ネテロも昔、2度ほど新大陸に足を踏み入れたことがあった。

ただ、そこはネテロの求めていた強さではなかった。

そこにあったのは、個人の勝ちではなく、厳しい自然との格闘だった。

そして、ネテロが指令(要望?)を十二支ん達に言う。

息子よりも先に暗黒大陸探検を成功に導いてほしい!!

達成条件は暗黒大陸よい抱えた『厄災』のいずれかを攻略し、

『希望』を持ち帰ること。

これは指令!!!・・・・ではない(小さい声で)」

 

ということで、暗黒大陸の攻略という指令(いちおう要望…)が

ネテロ元会長から出る。

 

そして、十二支ん達は、「息子(ビヨンド=ネテロ)を狩(ハント)せよ」

という指令には意見が分かれるようだ。

 

ところが、十二支ん達の話し合っているところに

ビヨンド自身が乗り込んでくる。

 

WS000009

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第340話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第340話 特命

 

ビーンズが部屋に飛び込んでくる。

 

何かあったようだ。

 

WS000000

WS000001

 

それは・・・
WS000002

 

カキン帝国が暗黒大陸への進出を宣言する。

 

暗黒大陸とは、世界地図の外側の世界。

 

ジンが言ってた場所だ。

 

そしてここから蟻も来た。

 

これまで、人類がその暗黒大陸に進出しようとすると、

大きな災いがふりかかったと言う。

 

そして、暗黒大陸には進出しないように

取り決めがなされていた(近代五大陸による不可侵条約)。

 

さらにカキン帝国は、暗黒大陸探検隊の総責任者に

前ハンター協会会長ネテロの御子息・・・

 

WS000003

 

ビヨンド=ネテロが任されたという。

 

ただし、本当にネテロ元会長に子供がいたかは不明。

 

そしてビヨンド=ネテロが力強く呼びかける。

 

「挑戦する心を持つ者をオレは一切拒まない!!

新天地を目指す者は全て大切な我々の家族だ!!

我々の個性にあった役割がある!!

必要なのは一歩踏み出す勇気のみだ!!

集えカキンへ!!!!

行こう!!新天地!!!

必ずオレが連れて行く!!!

 

WS000004

 

この呼びかけに大きく心が揺れる十二支ん。

 

しかし、ネテロ元会長はこのことも死ぬ前に

予想していた。

 

もし「会長の子供だと名乗る者が公の場に

現れたら、”十二支ん”全員でこれ(DVD)を見ろ」

 

ただ、今は十二支んのメンバーの、ジンと

パリストンがいない状況だ。

 

ここで、14代ハンター協会会長になったチードルから、

重大発表がある。

 

「子(パリストン)と亥(ジン)が十二支ん脱退を

願い出て、これを了承しました」

 

これでネテロ元会長の遺言を見ることができる。

 

後もう一つチードルの重大発表がある。

 

それは・・・

 

「V5(近代5大陸)から直々に特命が来ました。

息子(ビヨンド=ネテロ)を狩(ハント)せよ・・・!!

 

WS000005

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓