ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第63話

103
ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第63話 これから

 

大ピンチのゴン。

 

ヒソカのバンジーガムをほっぺたにくっつけられ、

ヒソカから全く逃げることができなくなってしまった。

 

バンジーガムはオーラをゴム状に変えて、

標的にはりつける能力だ。(ゴムとガムの性質を持つ)

そしてつけるもはがすもヒソカ次第。

 

想像以上にやっかいな能力だ。

 

この状況をどうやって乗り切るのか!?

 

ここでヒソカがゴンにクイズを出す。

 

ヒソカ「ボクはいつキミのほっぺに

『伸縮自在の愛(バンジーガム)』をつけた

でしょう?

①ヒジテツの時
②クリーンヒットの時
③クリティカルの時」

いつヒソカにバンジーガムをつけられたかを考えるゴン。

 

104

 

ゴンの回答は「③だ!!両手で殴ったときだろ!?

 

ところが答えは、

ヒソカ「ブー答えは④オーラ別性格診断の時に飛ばしてつけたでした

 

↓オーラ別性格診断の時のシーン

105

 

と、まんまとひっかかったゴン・・・

 

ここでゴンは「凝」を使っていなかったことを後悔する。

 

しかし、ヒソカがさらに続ける。

 

ヒソカ「キミが『凝』を使っていれば

④の場合ならボクが飛ばしたオーラに気づいて、

よけることができるだろう。

だが、もし①②③の時なら?」

 

そう、凝を使っていようがいまいが、

相手に接触したときにつけてしまえば結局

バンジーガムをつけられるのを避けることができない。

 

もしさけようと思うなら、

ヒソカの攻撃全てをよけなければならない。

 

本当にやっかいな能力だ。

 

ここで、ゴンは逃げられないと分かったので、

逆にヒソカに突っ込んでいく!

 

106

 

ゴンからの猛烈な攻撃を受けるヒソカ。

 

107

 

しかしヒソカもここから反撃を開始する。

 

バンジーガムでゴンを引っ張り、

ゴンに攻撃を与える。

 

108

 

ゴンを壊したい衝動に駆られるヒソカ・・・

 

115

 

まだゴンが成長するまではダメだと自分を抑える。

 

ギリギリでガードするゴン。

 

しかし、ポイントが9-4となり、後1ポイントでヒソカの

勝ちになってしまう。

 

そしてここで突然ヒソカが、

「右の方を見てごらん」

 

109

 

ゴンが右を見ると、

ゴンの顔に石がクリティカルヒット・・・

 

110

 

これでヒソカに2ポイント追加となり、

ヒソカがゴンに勝利する。

 

ヒソカはゴンのほっぺとつながっているバンジーガムを

石にくっつけて、ゴンの方に石を飛ばしたようだ・・・

 

そして、ヒソカが会場から去る時にゴンに言う。

 

次はルール無しの真剣勝負(せかい)

で戦ろう。命をかけて。

 

112

 

ヒソカは、ゴンがこれから成長したとき、

本当の真剣勝負をするつもりだ。

 

現状ではゴンはヒソカの足元にも及ばない。

 

でもいつかはヒソカに負けない能力を身につけて、

ヒソカに追いつくことを心に誓う。

 

そして、ゴンとキルアはお金も稼ぎ、

ヒソカにも一発かましてプレートも返したので、

天空闘技場を後にする。

 

113

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第62話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第62話 本気

 

ようやくゴンの攻撃がヒソカに当たった。

 

ゴンのクリティカルヒットが認められ、

ポイント2対1でゴンがリードする。

 

そしてゴンがヒソカのところにゆっくり近づく。

 

そして、ゴンは44番のプレートを服から取り出し、

ヒソカに突き出す。

 

94

 

そう、ハンター試験での屈辱をようやく返せたんだ!

 

詳細は→ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第28話を参照してね!

 

そしてここでヒソカがゴンに話しかける。

 

ヒソカ「念について・・・どこまで習った?」

 

ゴン「?基礎は全部」

 

ヒソカ「そうか、キミ強化系だろ?

 

一発でヒソカがゴンのオーラのタイプを当てる!

 

ヒソカは、自分で考えたオーラ別性格分析法があるという。
ヒソカのオーラ別性格分析法の詳細はこちら!

 

95

 

そして強化系は「単純一途」

 

まさにゴンにドンピシャの分析だね!

 

そして、変化系は「気まぐれでウソつき」

 

そう、まさにヒソカやキルアのようなタイプだ。

 

今まではゴンが攻撃を一方的にしていたけど、

いよいよヒソカが攻撃を開始する!

 

96

97

98

 

ヒソカのすさまじい波状攻撃に手も足も

出ないゴン。

 

全く攻撃の手をゆるめないヒソカ。

 

99

 

 

たまらずヒソカから距離をとるゴン。

 

100

 

しかし・・・

キルア「ゴン!!『凝』だ!!」

 

しかしすでに遅かった!

 

いつの間にかゴンのほっぺたに

ヒソカのバンジーガムがくっついていた・・・

 

ヒソカのところに飛んでいくゴン。

 

101

 

もうヒソカから逃げられない・・・

 

102

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第61話

79
ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第61話 決戦

 

いよいよゴンVSヒソカの試合が始まる。

 

果たしてゴンは勝つことができるのか。

 

ゴンがまず闘技場に入ってくる。

 

今回は特に釣り竿も持たず手ぶらだ。

 

真っ向勝負をするつもりだね。

 

そしてヒソカが登場する。

 

ヒソカは現在9勝3敗で、

この一戦に勝てばフロアマスターになる。

 

そもそもヒソカがフロアマスターに

興味があるようには見えないけど・・・

 

にらみ合う両者。

 

82

 

そしてゴンとにらみあって、妙なところが興奮するヒソカ・・・

 

92
やっぱりヒソカは異常なところがあるよね・・・

 

そして試合開始だ!

 

開始と同時に突っ込んでいくゴン。

 

83

 

でもヒソカはゴンの攻撃を余裕でかわしていく。

 

84

 

それでもゴンはひたすら攻める!

 

85

 

ゴンの攻撃は全く当たらず、逆にヒソカの

攻撃を少しずつ受けるゴン。

 

86

 

でもまだポイントを大きく取られるような

攻撃は受けていない。

 

ところがヒソカは開始位置からまだ一歩も

動いていない・・・

 

やはりゴンとヒソカでは、まだまだ

大きな実力差がある。

 

でも、キルアはだからそこゴンにチャンスがあるという。

 

ヒソカは自分がゴンより圧倒的に上だと思っている

からこそのスキが。

 

そしてゴンがまた攻撃を再開するけど、

突然いったん後ろに下がって、

 

87

 

石版をはがしてヒソカの方向に飛ばす。

 

88

 

さらに石版を蹴りでくだいて、

自分の居場所をわからなくする。

 

89

 

ゴンの居場所を見失うヒソカ。

 

90

 

突如石版の間からゴンが現れ、

ついにヒソカに一発をくらわす!!

 

91

 

ようやくゴンの攻撃がヒソカに当たった。

これでまずは一歩進んだよ!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第60話②

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第60話 合格

 

そしてゴンがヒソカに電話をかける。

 

ヒソカ「ボクといつ戦うか決めたかい?」

 

ゴン「7月10日に戦闘日を指定するから、

天空闘技場でやろう!」

 

いよいよヒソカとの対決の日も決まった。

 

4週間が経って、修行の成果を見せるときが来た。

 

まずはゴンから。

ゴンが発をすると・・・大量の水が溢れる。

 

WS000033

 

次はキルアだ。

 

WS000034

 

水はハチミツのように甘くなっている。

 

たった4週間で大きく成長をしたゴンとキルア。

 

そしてここでウイングが、

「2人とも今日で卒業です。

そして、ゴン君裏ハンター試験合格!!

おめでとう!」

 

実は念を覚えるのはハンターのための最低条件だったんだ。

 

プロのハンターにはそれ「相応の強さ」が必要になるからだ。

 

ただ、念能力はすさまじい力を持っているので、

悪用を防ぐためハンター試験に合格した人だけが

ハンター裏試験として試されることになる。

 

ちなみに、この時にハンゾーとクラピカも念能力をマスターしていた。

 

レオリオは医大試験を受けた後から念を覚えるようだ。

 

ポックルは練の習得に苦戦している。

 

そしていよいよ明日はゴンとヒソカの対決だ。

 

WS000035

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第60話①

WS000024
ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第60話 合格

 

今日からは「発」の修行が始まる。

 

これをマスターすれば、

念の基礎を全て修めたことになる。

 

ウイング「発とはオーラを自在に操る技術

つまり念能力の集大成といえます。

放出系・強化系・変化系・操作系・

具現化系・特質系の6つのタイプに

大別されます。」

 

そして、念能力はその人の個性に大きく

依存している。

 

だから自分がどのタイプの能力に向いている

かを知る必要がある。

 

そしてオーラのタイプによって、

会得しやすいものと、そうでないものとの

相関図を「六性図(りくしょうず)」という。

 

WS000025

 

近いものほど会得しやすい。

 

ちなみに念能力の判断方法については↓を参照してくれ。

 

ハンターハンター 念とは?

 

たとえば、強化系であれば隣どおしの変化系と放出系は

会得しやすい。

 

でも一番離れている特質系は覚えにくい。

 

ちなみに、ギドは独楽(こま)と自分の回転力を高める

ことで攻撃していたので強化系だった。

 

でも独楽を操るのは操作系の能力もいるのでちょっとイマイチの性能だった。

 

そしてカストロは虎咬拳を使っていたことから強化系の能力者だった。

 

しかし、分身(ダブル)は操作系と具現化系の能力だ。

 

つまり非常に相性が悪い。

 

そのため能力のほとんどをそこに費やすことになり、

ヒソカに負けた。

 

だから自分の相性のいいものを選んでいかに

極めていくかが大事になる。

 

そして自分がどのタイプに属するかを調べる方法として、

「水見式」という方法がある。

 

WS000026

 

ウイングが発を行うと・・・水が溢れだす。

 

WS000028

 

「水の量が変わる」のは強化系ということだ。

 

実際にゴン達が試してみる。

 

ゴンが発を試してみると、

水が少し溢れてきた。

 

WS000029

 

ゴンは強化系だね!

 

続いてズシが試してみる。

 

すると葉が動き出した。

 

WS000030

 

「葉が動く」のは操作系の証だ。

 

そして最後にキルアだ。

 

キルアが発をすると、

特に変化が出ない。

 

WS000031

 

ウイングがキルアに水を舐めてみるように言う。

 

すると、

キルア「・・・少し甘い・・・かな?

 

「水の味が変わる」のは変化系の証だ。

 

これでゴン達がどのオーラのタイプが分かったね!

 

これから4週間はひたすら発の練習だ!

 

WS000032

 

もっと水見式で変化が起きるように特訓!

 

続きハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第60話②はこちら!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第59話②

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第59話 及第

 

ゴンVSリールベルト

そして続いてゴンの出番だ。

 

ゴンはキルアの戦いを見て、ちゃんと対策を立てていたようだ。

 

試合開始と同時に、

リールベルトは「双頭の蛇による二重唱(ソングオブディフェンス)」

で攻撃を開始する。

 

WS000018

 

ここでゴンはリングの石版をはがす。

 

そしてそれをリールベルトに投げ飛ばす。

 

WS000019

 

当然リールベルトは車イスでオーラを噴射して逃げる。

 

WS000020

 

ゴンはわざとリールベルトの逃げるスペースを作っておいて、

そこに来たら捕まえる。

 

WS000021

 

リールベルトのムチを奪い、

リールベルトの首に巻きつける。

 

そして、

ゴン「これがスイッチか、

えーと出力を最大にして、

スイッチオン!!」

 

すると実際にはスイッチを押してないけど、

気絶するリールベルト。

 

WS000022

 

これでゴンの勝利だ!

 

この試合を見ていたヒソカがゴンに言う。

WS000023

 

 

「いやーお見事。

前の戦いも含め、十分及第だ。

場所・日時ともキミが決めていい。

いつでも相手になるよ」

 

いよいよヒソカとの対決だ!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第59話①

WS000000
ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第59話 及第

 

キルアVSリールベルト!!

 

いよいよキルアの試合が始める。

 

リールベルトは車イスに座っている。

 

一体どんな攻撃をしてくるのか。

 

リールベルトはかなり自信があるようだ。

 

WS000016

 

「天空闘技場はオレの土俵だ!!

この四角いリングの上ならオレの方が

上だってことを思い知らせてやる!!」

 

開始するやいなや、攻撃を開始するキルア。

 

WS000009

 

一気に相手の背後に回って攻撃しようとすると、

リールベルトは急加速してキルアの攻撃から離れる。

 

WS000010

 

リールベルトはオーラを車イスから噴射して、

車イスを操るようだ。

 

そしてリールベルトはムチを両手に持って、

攻撃を開始する。

 

「双頭の蛇による二重唱(ソングオブディフェンス)」

 

そして徐々にキルアに接近していく。

 

WS000011

 

一体どうやってキルアはこの攻撃に対応するのか。

 

するとキルアは、あっさりムチを素手でつかんでしまう・・・

 

WS000012

 

でもリールベルトの攻撃はこれだけじゃない。

 

何とムチから電流が流れる。

 

ムチをつかんでいたキルアに電流が流れる。

 

WS000013

 

ところが、キルアはムチを持ったままリールベルトを投げ飛ばしてしまう。

 

WS000014

 

キルア「電流は効かない。拷問の訓練は一通り受けたから。

でも『効かない』ってのは『我慢できる』って意味でさ、

痛いことにかわりはないんだよね。」

 

そして空中に投げ飛ばされたリールベルトは、

地上で電流が流れているムチを持っているキルアのところに・・・

 

WS000015

 

強烈な電流で意識を失うリールベルト・・・

 

WS000017

 

これでキルアの勝ちだ!

 

やっぱりキルアは余裕の勝利だったね!

続きハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第59話②はこちら

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第58話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第58話 再戦

 

サダソに不戦勝で勝ったゴンとキルア。

 

サダソはキルアが闇の人間であることがわかり、

闘技場から逃げるように去っていった。

 

しかし、ギド達はフロアマスターまで

後一歩なので、諦めないようだ。

 

そして、ギド達が話をしていると

突然キルアが現れ、忠告する。

 

69

 

「言っとくぜ・・・

ルールは守れよ。

何でもアリになったら結局

得するのはオレ達なんだぜ?」

 

キルアが言うと妙に納得できるよね・・・

 

そして戦いの日まで修行に励む3人。

 

いよいよゴンとキルアの戦いの日が来た。

 

ウイングがゴンに、

「ゴン君は一度戦った相手、

あえて助言はしないでおきましょう。

何か対策はありますか?」

 

ゴンはある道具を使うという。

 

それは、「釣り竿」だ!

 

70

 

そういえばゴンにはこういう道具があったよね!

 

いよいよゴン対ギドの戦いが開始だ!

 

71

 

ゴンは先手必勝で攻撃をしようとするけど、

ギドはそれを読んで竜巻独楽(たつまきごま)を使う。

 

72

73

 

そして独楽(こま)でゴンを攻撃する。

 

しかし、ゴンが練で独楽をはじく!

 

74

 

何と、前回はこの独楽の攻撃に苦しんだけど、

練を覚えたことで、独楽の攻撃を簡単に防げるようになった!

 

これでギドはゴンを倒す武器が無くなってしまう。

 

でもギドは竜巻独楽があるから、ゴンもうかつには

攻撃できない。

 

そこで、ゴンは釣り竿を使った攻撃を開始する。

 

釣り竿をギドに向かって放つゴン。

 

でも釣り竿はあっさりはじかれてしまう。

 

75

 

でも実はゴンの狙いは・・・

地面の板をひっくり返すことだった!

 

76

 

これにはさすがにギドも対応できない。

 

そしてギドが倒れたところをゴンがトドメをさす!

 

77

 

ゴンの圧勝だ!

 

78

 

いよいよ次はキルアの番だ!

 

キルア VS リールベルト

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第57話

60
ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第57話 約束

 

「練(レン)」の修行をするゴンとキルア。

 

61 - コピー

 

何とすでに練を取得しつつあるゴンとキルア・・・

 

あまりの上達の早さに驚くズシ・・・

 

そして修行を終え、ズシが部屋に戻ろうとすると、

200階クラスの奴がズシを捕えようとする。

 

62 - コピー

 

ズシを捕えて、ゴンに戦うようせまるつもりだ。

 

「やめとけよ」

 

そこにキルアが現れる。

 

63 - コピー

 

どうやらキルアはこうなることが分かっていたようだ。

 

そしてキルアがゴンの代わりに戦うという。

 

ゴンが一度ウイングの約束を破っている
(まだ200階で戦ったらダメと言われていたのに
ギドと戦ってしまった)

これ以上ゴンが約束を破るとゴンが

自分を許せなくなると考えて、

代わりにキルアが戦うということだ。

 

ゴンの性格まで考えての行動だよ。

 

キルアは友達思いだよね!

 

これで5月29日にキルアが戦うことになった!

 

ところが、次の日キルアはゴンが戦う情報を聞く。

 

64 - コピー

 

ゴン対サダソの一戦!!

今買っとかないと後悔するよー!!」

 

「サダソ」は、ズシを襲った奴だ。

 

どうやらサダソはキルアとの約束を破って、

ゴンとも戦う約束をとりつけたんだ。

 

これを聞いて激怒するキルア。

 

そして念の修行を始めるが、

キルアがもう「凝」ができるという。

 

65 - コピー

 

ヒソカの念がはっきり見えているようだ。

 

キルアはヒソカの念能力をすべて見抜いた。

 

そして、何と・・・

ゴンも一晩で「凝」をマスターしていた。

 

そう、ゴンとキルアは同じことを考えていたんだ。

 

「凝」をマスターするまで戦えないんだから、

早くマスターする代わりに、戦いの日を早めるということ。

 

ウイングはあまりの早い成長に驚くけど、

ゴンとキルアの戦いの日を早めることを認める。

 

キルアとサダソとの戦いの日、

サダソが控室にいると・・・

 

66 - コピー

 

 

頭を裂かれるような恐怖・・・

 

気づくと後ろにキルアがナイフを持って立っている。

 

67 - コピー

 

キルア「動くと殺す。

念を使うと殺す。

声を出しても殺す。

わかったらゆっくり目を閉じろ・・・

約束を破ったらどうなるかわかったか?

わかったらゆっくり目を開けて鏡のオレを見て

よく聞け。

2度とオレ達の前に汚ねぇ面出すな。

約束だぜ?」

 

68 - コピー

 

そしてキルアの不戦勝が確定する。

 

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第56話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第56話 修行再開

 

2ヶ月が経って、いよいよゴンの念の修行が

開始する時が来た。

 

ウイングにまずは纏(テン)をやってみるように

言われる。

 

久しぶりの纏をできるか少し心配になるゴン。

 

しかし、実際にやってみると・・・

 

53

 

以前よりも自然に、しかも早くできた。

 

これは2ヶ月間、ゴンが点をしっかりやっていた証拠だ。

 

そして纏をやった後に左手を見てみると、

ウイングとの誓いの糸が切れている。

 

54

 

実はこの糸は、もしゴンが念を使ったら切れるように、

ウイングが念で結んでいたんだ。

 

ここでキルアがヒソカの念能力について質問する。

 

キルア「ヒソカの念能力って何なの?

切れた腕を飛ばしたり、元通りにしたり、

あんなことオレ達にもできるの?」

 

キルアの1つ目の質問、「ヒソカの念能力って何?」

にウイングは、ヒソカとカストロとの試合の

ビデオを見ながら解説する。

 

でも、ゴン達はビデオを見ても

ヒソカのオーラが見えない。

 

ヒソカは自分のオーラを限りなく見えにくくする

技、「絶」を応用した高等技術「陰(イン)」

使っているからだという。

 

そして、この陰を見破るには「練(レン)」を使って、

オーラを目に集中させる方法がある。

 

そしてズシはすでにこの技をマスターしているという。

 

実際にズシがその技をゴンとキルアに見せる。

 

まずはズシが「練」を見せる。

 

55

 

そしてそのオーラを目に集める「凝(ギョウ)」を行う。

 

56

 

そしてビデオを見ると・・・

ヒソカから出ているオーラが見えるようになる。

 

だから、ゴン達はヒソカのオーラを見るために、

「練」と「凝」を身につける必要がある。

 

続いてキルアの2つ目の質問、「切れた腕を飛ばしたり、

元通りにしたり、あんなことオレ達にもできるの?」

に対して「答えはYes(イエス)でもあり、

No(ノー)でもあります」

 

これは、念能力というものが「その人の個性に大きく依存する」

ものだからだ。

 

人によって好きなことや得意なことが違うように、

念も得意不得意があるのだ。

 

ヒソカが5年で覚えた技を他の人ならもっとかかるかもしれないし、

逆もそうなのである。

 

だから、自分に合った念能力を覚えないといけない。

 

これからゴン達が経験するすべてが念能力の形成に

つながるんだ!

 

だからいろんな経験をして自分の器を大きくする

ように努めないといけない。

 

そして、ゴンとキルアに次の試合までに

「凝」をクリアするように課題が出される。

 

57

 

そしてゴンとキルアとズシでキルアの部屋に向かう途中、

また奴らが現れる。

 

58

 

どうやら、ゴン達と戦って勝ち数を稼ぐ

つもりだ。

 

彼らは戦う準備期間が終わりそうで、

焦っているみたいだ。

 

ゴン「オレは6月10日に戦闘日を指定する」

これにたいして、向こうは「5月29日」が〆切り

だ。

 

ゴンと早く戦うために、何やらたくらんでいるようだよ!

 

59