ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第37話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第37話 光と闇③

 

キルアの兄のところに来たゴン。

 

そうとう怒っているようだ。

 

そしてゴンが言う。

 

「キルアにあやまれ。」

 

WS000006

 

「お前に兄貴の資格はないよ」

 

すごい力でキルアの兄の手をつかみ、

引っ張り上げるゴン。

 

WS000007

 

ゴンがキルアのところへ案内するように言う。

 

キルアを連れ戻すために!

 

WS000008

 

そして、どうやらゴンが来るまで、

キルアの試験不合格について議論になっていたようだ。

 

クラピカとレオリオが、キルアはキルアの兄に

何らかの暗示をかけられていたように見えるので、

キルアの不合格は不当じゃないかと言うんだ。

 

でも結局これらは推測でしかないよね。

 

そしてゴンがキルアの兄に言う・・・

 

「もしも今まで望んでいないキルアに、

無理やり人殺しをさせていたなら、

お前を許さない

 

しかし、キルアのハンター試験不合格は変わらない。

 

ここで、ハンター試験合格者にハンター証(ライセンス)

が渡される。

 

このカードがあれば・・・

 

「民間人が入国禁止の国の約90%と

立入禁止地域の75%まで入ることが可能になります。

公的施設の95%はタダで使用できます。

銀行からの融資も一流企業なみに受けられます。

売れば人生7回くらい遊んですごせますし、

持ってるだけでも一生何不自由なく暮らせるはずです。」

 

本当にハンター資格っていうのはすごいんだね!

 

一生お金で困ることは無さそうだよ!

 

ただ、ハンター証の再発行はできないから、

失くしたら大変だ!

 

ということで、今年のハンター試験の合格者は、

7人で決定!

 

WS000009

 

ゴンはキルアを連れ戻すために、

キルアの家に行くことに決める。(レオリオとクラピカも)

 

キルアの家はククルーマウンテンにある!!
WS000010

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第36話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第36話 光と闇②

 

前回ギラタクルがキルアの兄だったことが判明した。

 

WS000000

 

キルアは家を出るときに次男のミルキと母親を

刺して出てきた。(キルアの母親は喜んでいたようだ・・・)

 

だけど、キルアのことが心配で様子を見るよう頼まれたんだ。

 

そしてキルアの兄も、ちょうどハンターの資格が必要だった。

 

兄がキルアに向かって言う。

 

「お前(キルア)はハンターに向かないよ。

お前の天職は殺し屋なんだから。

 

キルアは、父親と兄によって、最高の殺し屋に

なるように育てられた。

 

そう、人を殺したときのみ喜びを覚えるように・・・

 

でもキルアは、欲しいものがあるという。

 

それは・・・

 

WS000001

 

ゴンと・・・友達になりたい。

もう人殺しなんてうんざりだ

普通にゴンと友達になって、

普通に遊びたい。」

 

やっぱりキルアも普通の子供だったんだ。

 

これをキルアの兄は真っ向から否定する。

 

「無理だね。

お前に友達なんてできっこないよ。

お前は人というものを

殺せるか殺せないかでしか

判断できない。」

 

「彼(ゴン)の傍にいれば、

いつかお前は彼を殺したくなるよ。

なぜならお前は根っからの人殺しだから」

 

これを聞いたレオリオがキルアに言い放つ。

 

WS000002

 

「ゴンと友達になりたいだと?

寝ぼけんな!!

とっくにお前ら友達同士だろーがよ。

 

これを聞いたキルアの兄は・・・

 

「よしゴンを殺そう」

 

平然と言うキルアの兄。

 

そしてゴンのところに向かおうとする。

 

WS000003

 

それを阻止しようとするレオリオ達。

 

ここでキルアの兄が、ハンター受験者を殺せば

試験不合格となってしまう。

 

だから、ハンター試験に合格してからゴンを

殺すことを考えるキルアの兄。

 

ゴンを助けるためには、キルアは兄貴に勝たないといけない。

 

キルアは兄貴と勝負するのか・・・

 

「まいった。

俺の・・・負けだよ」

 

WS000004

 

キルアは負けを宣言する・・・

 

これを聞いたキルアの兄は、

「これではっきりした。

お前に友達をつくる資格はない。

必要もない。」

 

そしてキルアは・・・

 

次の対戦相手ボドロを・・・

 

WS000005

 

殺してしまい、ハンター試験不合格になってしまう。

 

この話を聞いたゴンは、すぐにキルアの兄のところに向かう。

 

相当怒っているようだ。

 

ゴンにとってキルアは大切な友達だからだ!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第35話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第35話 光と闇①

 

そして、ゴンの意識が戻ったとき・・・

 

ベッドの上だった。

 

WS000009

 

横には、サトツさんがいる。

 

ここは、最終試験場の控室のようだ。

 

そしてサトツさんが・・・

「合格おめでとうございます」

と手を差し出す。

 

そう、ハンゾーがまいったと言った後に

ゴンは殴られて気絶したんだったよね。

 

ゴンは握手を拒否しようとするけど、

サトツが強引に握手をする。

 

ゴンはやはり勝ち方に納得していないようだ。

 

でも一度合格とした以上、

不合格とすることもできない。

 

だから、もし納得できないなら、

ライセンスカードを処分するも

封印するも、ゴン次第のようだ。

 

そして、ゴンは自分が納得できるまで、

借りを作った人に全部返してから、

ライセンスカードを使うことを決める。

 

そして、気になるハンター試験は

もう終わっていた。

 

じゃあ、結局誰がハンター試験で落ちたのだろう?

 

それは・・・キルアがハンター試験に落ちたようだ。

 

WS000010

 

一体キルアに何があったんだろう。

 

ゴンの試合の後、2戦目はヒソカとクラピカ。

 

この試合は、ヒソカがクラピカに何やら言った後に、

負けを自分から宣言した。

 

ヒソカがクラピカに何を言ったか気になるよね。

 

WS000012

 

その後、ハンゾーがポックル(弓矢を使う人)に勝ち、

ヒソカとボドロ氏(髭づらの人)に勝った。

 

キルアはポックルにわざと負けて(相手が弱いから)、

ギタラクル(顔に針がいっぱい刺さってる、
ヒソカの知り合い)と戦うことになる。

 

そして、ギタラクルが顔から針を取ると・・・

顔が大きく変化する。

 

そしてその顔を見たキルアが驚くことを言う。

 

「兄・・・貴!!」

 

WS000011

何とギタラクルはキルアの兄貴だったんだ!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第34話

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第34話 合格第1号!?

 

前回、ハンゾーにゴンが腕を折られた・・・

 

WS000000

 

ハンゾーは幼い頃から忍者になるために、

相当な訓練を受けてきた。

 

WS000001

 

ハンゾーが、余計なおしゃべりをしているスキに、

ゴンがハンゾーにケリをかます!

 

WS000002

 

でも、ゴンが圧倒的に不利な状況に変わりはないよ。

 

そして、ハンゾーがゴンをおどしにかかる。

 

「腕を切り落とす。

2度とつかないように。」(ハンゾー)

 

WS000003

 

これに対して、ゴンは・・・

 

「脚を切られちゃうのはいやだ!

でも降参するのもイヤだ!!!

だからもっと別のやり方で戦おう!」(ゴン)

 

と、ハンゾーには全く納得できない提案をする・・・

 

そりゃハンゾーからすれば、受け入れられない話だよね・・・

 

これに対し、ハンゾーが足をぶった切るとおどすけど、

ゴンはそうなれば死んでしまって、結局ハンゾーも不合格になる。

 

それはお互い損だから、別の方法を考えようと自分のペースに

持ちこうもうとする。

 

そしてハンゾーが、ゴンの頭にナイフを突きつける・・・

 

WS000004

 

これに対しても、ゴンは一切引かない・・・

 

そして、その理由が・・・

 

親父に会いに行くんだ。

親父はハンターをしている。

今はすごく遠い処にいるけど、

いつか会えると信じている。

でも、もしオレがここであきらめたら

一生会えない気がする。

だから退かない

 

WS000005

 

これを聞いて、ハンゾーは「まいった、俺の負けだ

負けを認めるんだ・・・

 

WS000006

 

ゴンの態度とこのセリフを言われたら負けを

認めざるを得ないよね。

 

ようするに覚悟の問題だよ。

 

ゴンの覚悟がハンゾーの覚悟を上回ったんだ。

 

これに対し、ゴンは「ちゃんと2人で

どうやって勝負するか決めようよ!!」

と納得しない・・・

 

この状況をハンゾーがまとめたところ、

「要するにだ、オレはもう負ける気満々だが、

もう一度勝つつもりで真剣に勝負をしろと。

 

その上でお前(ゴン)が気持ちよく勝てるような勝負方法を

いっしょに考えろと、そーゆーことか?」

 

WS000007

 

これに対して、ゴンは・・・

 

「うん!!」

 

これにハンゾーが怒ってゴンを吹っ飛ばしちゃうよ・・・
(ゴンは気絶する)

WS000008

まあ、とりあえずゴンの勝ちのようだ!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第33話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第33話 最終試験開始

 

さあ、いよいよハンター試験の最終試験だ!

 

WS000000

最終試験は1対1のトーナメント形式。

 

そして組み合わせは・・・

 

WS000001

<番号と名前>
44番・・・ヒソカ
53番・・・ポックル(弓矢を使う人)
99番・・・キルア
191番・・・ボドロ(??)
294番・・・ハンゾー(忍者)
301番・・・ギタラクル(顔にいっぱい刺さっている人)
403番・・・レオリオ
404番・・・クラピカ
405番・・・ゴン

最終試験のクリア条件は、

1勝すること!

 

勝利条件は、相手に「まいった」と

言わせること。

 

ただし、相手を死なせると即失格!

 

ということは、負ければトーナメントの上に

登っていって、結局1人だけが不合格

なるってこと。

 

どうやら、前の話での会長との面談は、

このトーナメントを決めるためだったようだよ。

 

戦いたくないと言った人とはできるだけ対戦しない

ように工夫しているのかな。

 

ヒソカが戦いたくないと言った

ゴンやキルアは完全に別枠だしね!

 

そして、これまでの試験の成績が良い人から

順にチャンスが多くなっている。

 

ということは、ゴンはかなり成績が良かったという

ことだよ!

 

キルアは、ゴンより成績が低いことに納得していない。

 

ただ、成績とは言っても、印象値といった

曖昧なものも評価対象になってるので、

結局評価が良くわからないよね・・・

 

まずは、ハンゾー対ゴンからだ!
WS000002
始まってすぐに、ハンゾーがゴンに一発

を打ち込む!

 

WS000003

 

圧倒的に戦闘能力ではハンゾーの方が上のようだ。

 

ここからハンゾーがゴンからまいったを言わせようとするよ。

 

 

WS000004

 

でもゴンは諦めない。

 

そしてとうとうハンゾーが・・・ゴンの腕を折る!

 

WS000005

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第32話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第32話 最終試験は…?

 

そして4次試験の終了時刻が来た。

 

続々と集まってくるよ。

 

WS000000

 

そして最終試験に残ったのは、9人。

 

そのうちルーキーは6人。

 

ルーキーがこれだけ残るのは異例なことみたいだよ!

 

そして、最終試験に向けて飛行船で出発する。

 

そして、飛行船の中で1人でいるゴンに、

クラピカが近づいていく。

 

WS000001

 

どうやら、ゴンの違和感を感じたようだ。

 

やはり、ヒソカにプライドをズタズタにされた

ことを引きずっている…

 

WS000002

 

クラピカは何かあったと気づいて、

ゴンに気を遣ったようだよ。

 

本当にクラピカは気遣いが良くできるよね!

 

そして、何とここでハンター協会の会長自らが、

面談を行う。

 

まずはヒソカから。

 

WS000003

 

質問は、①「なぜハンターになりたいのかな?」

 

そして②「おぬし以外の8人の中で一番注目しているのは?」

 

③「8人の中で今、一番戦いたくないのは?」

 

の3つ。

 

ヒソカはハンターになりたい理由が、「資格を持ってると

色々便利だから。例えば人を殺しても免責になる場合が多いしね」

かなり正直にはなしてるよね。

 

あとは、ヒソカはゴンとキルアをかなり評価している。

 

現時点ではキルアが一番強いと感じている。

 

でも将来性ではゴンの方が上だと感じている!

 

この質問を、全員に聞いて行く。

 

一体、何のために面談を行ったんだろうね!

 

どうやらこの面談の内容をもとに、次の

最終試験の内容が固まった!

 

WS000004

 

そして、いよいよ最終試験会場に到着!

 

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第31話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第31話 九死に…

 

前回バーボンがすでに死んでるって話だったよね。

 

どうやら、バーボンはポンズが殺ったようだよ。

 

どういう方法で殺ったんだろう。

 

ちなみに、ヘビは①洞窟の小部屋から出ようとする

か②バーボンの体に触るかすると、

攻撃をするようだ。

 

そしてポンズの攻撃方法は、ハチのようだ。

 

シビレヤリバチという種類のハチにさされたことで、

バーボンはアナフィラキシーショック

が起きて死んだようだ。

(※アナフィラキシーショック・・・

一度ハチに刺されると人間の体にはそのハチ

の毒に対する抗体ができる。

抗体をもつ人間が再びそのハチに刺されると、

アレルギー反応を起こす。

この反応の激しい状態をアナフィラキシーショック

といい、場合によっては死に至る)

 

どうやら、バーボンは過去にハチに刺されたことがあって、

抗体ができていたようだ。

 

だから、ポンズのハチに刺されることで、

アナフィラキシーショックを起こして、死んだようだよ。

 

ポンズのハチは、ポンズが悲鳴を上げたり、倒れたりしたら

近くにいる人間に襲うようになっているんだ。

 

WS000000

 

ポンズは、バーボンが洞窟に入ったのを見計らって、

催眠ガスを洞窟に噴射した。

 

そして洞窟の中に入ったところ、

バーボンはぐっすり寝ていた。

 

そしてポンズがバーボンに近づいたところ、

ヘビが落ちてきた。

 

そのヘビを見たポンズが悲鳴を上げたので、

ハチが寝ているバーボンを刺した。

 

そしたらバーボンが死んでしまったということだ。

 

さて、急いでレオリオを助けたいけど、

一体どうやって助けたらいいのだろうか。

 

ここでゴンがバーボンの体をいきなり

触りだしたんだ。

 

WS000001

 

そうすると一斉にヘビがゴンを襲う…

ヘビに覆われるゴン…

 

WS000002

 

そして…

ゴンはどうやらバーボンの体から

解毒剤を発見したようだ。

 

WS000003

 

これで、とりあえずレオリオは助かりそうだ。

 

それにしても、もし解毒剤が無かったら、

一貫の終りだったよ…

 

後はこの洞窟からでるだけだ。

 

今度は、ゴンは催眠ガスを噴射するように言うんだ。

 

どうやら、催眠ガスでヘビを眠らせて、

そのスキに洞窟からでるようだ。

 

でも睡眠ガスが効きだすまでに5分かかる。

 

ということは、5分以上息を止めないといけない…

 

ゴンの息を止めれる時間の最高記録は、

何と9分44秒とのこと。

 

確かにそれだけ止めれることができたら、余裕で

行けそうだよね!

 

ということで、催眠ガスで、ゴン以外全員眠っているところを、

ゴンが一人で担いで救出成功だ!

 

WS000004

 

そして、寝ているポンズのプレートを奪って

これでレオリオも第4次試験合格だね!

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第30話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第30話 蠢く罠

 

今回はレオリオとクラピカだ。

 

クラピカはターゲットのプレートを手に入れたけど、

レオリオはまだだったよね。

 

そして6日目だけど、まだ見つからないようだ。

 

残す時間は後1日だ。

 

そして、そこにゴンが現れるんだ。

 

WS000008

 

どうやら、上からレオリオ達を見つけたようだ。

 

そして、クラピカがレオリオのターゲットポンズの見つけ方

を提案する。

 

それは、ポンズは薬を使うということなので、

ゴンのずば抜けた嗅覚を使ってポンズを

見つけるという方法。

 

確かに、薬だと臭いも結構するから、

ゴンなら見つけれるかもしれない。

 

そしてあちこちを歩き回っていると、

 

WS000009

 

どうやらゴンの嗅覚が探知したようだよ!

 

そしてたどりついた所は、洞窟だ。

 

WS000010

 

この中にポンズがいるのかな。

 

そういえば、トンパがポンズの攻撃方法として、

「薬と名のつくものは何でも使うぜ。

 

使い方は単純、『待ち一辺倒だ』。

 

ワナをしかけて相手がかかるのをジぃっと待つ方法さ」

と言ってた。

 

ということは、この洞窟にワナを張って、

待っているのかもしれない…

 

ここでレオリオが自分が調べてくると言うんだ。

 

そして、レオリオが入口付近を探索して戻ってきた。

 

そして今度はレオリオは中に入るみたいだ。

 

そして、クラピカがレオリオが入って30分経っても

戻って来なければ、クラピカ達も中に入るという

ことになるんだ。

 

そしてレオリオが洞窟の中に入ってしばらくして…

 

大きな声で叫ぶんだ。

 

「クラピカ!!ゴン!!来るな!!ヘビだ!!」



WS000011

 

それを聞いて、ゴンとクラピカは洞窟に入ってしまう…

 

中に入ると…洞窟の真ん中にレオリオがヘビに噛まれて

倒れているんだ。

 

WS000012

 

レオリオが大丈夫か心配だよね…。

 

そしてレオリオの周りに2人誰かいるようだよ。

 

1人はポンズのようだけど、もう一人は誰なんだろうか。

 

そしてゴンとクラピカがレオリオに近寄っていく。

 

レオリオが噛まれてヘビは、ゴンの話だと、

ツチハブの一種で、1匹の毒はそんなに

強くないんだって。

 

でもかなり噛まれているから、

急いで止血だ!

 

急いで洞窟から出ようとすると…

ポンズが止めるんだ。

 

どうやら、この洞窟から出るとヘビが

襲ってくるようだ。

 

WS000013

 

もう一人洞窟にいる人物は、

蛇使いのバーボンというらしい。

 

クラピカがバーボンに、プレートと引き換えに

外に出すように言うけど、何とそのバーボンは

すでに死んでいるようだよ…

 

WS000014

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第29話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第29話 キルアの場合

 

キルアはずっと後をつけられていたようで、

後をつけてた奴に、出てくるよう呼びかけるんだ。

 

でもどうやら、そのつけてる奴は相当なビビりなようで、

なかなか出て来ないみたいだ…

 

WS000000

 

ちょっとめんどくさい奴だよね。

 

そこに仲間が来た。

 

どうやらその仲間は兄弟のようだ。

 

キルアをつけてた奴は「イモリ」という名前だ。

 

キルアが子供なので、まだプレートを奪っていないことに

怒っているようだよ。

 

WS000001

 

そしてキルアに強烈な蹴りをかますんだ。

 

WS000002

 

キルアは吹っ飛ぶけど、全然効いてないようだ。

 

そして何と、蹴られた瞬間に、イモリのプレートを

奪ったんだ。

 

こりゃさすがはキルアだよね。

 

しかもプレートがキルアのターゲットとすごく近いようだ。

 

ということは、その兄弟がターゲットの可能性が高いということだよね。

 

ここでキルアが相当な実力があるとみて、

イモリ兄弟は本気で行くことにしたようだよ。

 

何やら陣形とやらを組んだようだ。

 

WS000003

 

ところがキルアは、あっさり1人を人質にしてしまったよ!

 

WS000004

 

もうキルアはレベルが違うって感じだよね!

 

そしてあっという間にキルアのターゲットの

プレートを奪うことに成功したよ。

 

そして残りの兄弟のプレートは、キルアに投げ飛ばされたようだ。

 

WS000005

 

気の毒に…来年頑張ってください…

 

ちなみにそのキルアのプレートをハンゾーが取ったようだけど、

 

WS000006

 

取る方を間違えたようだ…

 

WS000007

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第28話

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第28話 大きな借り

 

前回ヒソカが獲物を見つけて襲いかかっていったよね。

 

WS000000

 

そして、その襲いかかる瞬間をゴンが狙っているんだ!

 

そしてその瞬間…

 

ゴンが釣竿を振るんだ!

 

WS000001

WS000002

 

そして狙い通り…ヒソカのプレートをゲットだ!

 

WS000003

 

これにはさすがのヒソカも驚いたようだ。

 

WS000005

 

そして急いで逃げるゴン…

 

ところが、ゴンの体が急に動かなくなって

倒れてしまうんだ。

 

WS000006

 

一体どうしたんだろう。

 

どうやら、最初からゴンを狙っていた奴がいて、

そいつもゴンがヒソカの隙を狙っていたのと同じように

ゴンの隙を狙っていたようだ。

 

そしてゴンを吹き矢で動けなくしたんだ。

 

ゴンは自分のターゲット(ヒソカ)に夢中で、

自分がターゲットになっていることを

考えていなかったようだね。

 

ところが、そこにヒソカがゴンのプレートを奪った

奴をやっつけてゴンのところに来るよ。

 

WS000007

 

そしてヒソカのプレートをゴンに渡したんだ。

 

これは、まずゴンを攻撃した奴がヒソカのターゲットだった。

 

この時点で、ヒソカは、4点(ヒソカのターゲット+ターゲット以外3点)

が揃っている状態なのと、ゴンがヒソカからプレートを奪ったのが

見事だったので、ヒソカのプレートをあげるということのようだ。

 

でもさすがにゴンにもプライドがあるから、ヒソカのプレートは

いらないと言うけど、ヒソカはこれは「貸し」でいずれ

返してくれればいいとのこと。

 

それでも納得できないゴンは、毒で全く動けないはずなのに、

ヒソカにプレートを返そうとする。

 

WS000008

 

ヒソカはゴンを思いっきりぶん殴る…

 

WS000009

「今みたく僕の顔に一発ぶち込むことができたら

(プレートを)受け取ろう」

という言うんだ。

 

さすがにこれにはゴンもプライドがズタズタにされたようだ…

 

WS000010