スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第342話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第342話 布告

 

自分から捕らわれることになるビヨンド=ネテロ。

 

WS000012

 

ビヨンドは予言する。

 

WS000000

 

「オレは解放され、十二支んはオレと共に暗黒大陸を

目指すことになる!!

まずお前等の心の準備が出来る様にV5の建前と

本音の話をしようか。」

 

その頃V5側が、カキン帝国の動きを受けて

どう対応するか会議をしていた。

 

WS000001

 

現在、世界地図として公表されているものは、

実は暗黒大陸を含めると、ほんの一部だった。

 

暗黒大陸中央にある巨大湖「メビウス」が

世界地図となっている。そう今ゴン達がいる世界だ。

 

その周りに巨大な暗黒大陸が広がっている。

 

これまで、人類は149回暗黒大陸への渡航に挑戦している。

 

帰還生存者は全部で28名。

 

そのうち現在も生存しているのは・・・

 

ビヨンドのみ!

 

WS000002

 

そして、この渡航には『案内人』の協力が不可欠!

 

そして、その『案内人』とは・・・

暗黒大陸を出入りするために「門番」が召喚する

亜人種(魔獣族)のこと。

 

そしてV5側は、カキン帝国と平和的に解決する

方法として、カキンをV5に入れることを考える。

 

その結果V5からV6へとなり、

そして、カキンの暗黒大陸への進出をサポートする。

 

カキンの国王が新大陸の開拓者として

歴史に記す代わりに、暗黒大陸進出によるリターンを、

6等分することを認めさせる。

 

そして、暗黒大陸との境界ギリギリのところに、

無人島がある。

 

ここを新大陸として、移民希望者の受け入れ先とする。

 

この交渉にハンター協会を利用するということだ。

 

ハンター協会は都合が良いように使われているよね。

 

ということで、V5側は結局カキン帝国の

暗黒大陸への進出は認めるようだ。

 

やっぱり戦争という方向ではなく、

一番被害が無い選択をした。

 

その代わり、暗黒大陸でカキン帝国が得たものは

割り勘だよってことだ。

 

そして、渡航するビヨンドには

監視(ハンター協会)を付けるという条件が付く。

 

話がビヨンドとチードルに戻る。

 

ビヨンドはチードルにV5に連絡するように言う。

 

ビヨンドが言うには、V5は必ず

「ビヨンドに『監視付きの渡航なら認める』

と伝えろ」と言うはずだ。

 

そしてその監視はハンター協会となるはずだ。

 

これを聞いたチードルはV5へ連絡をする。

 

そしてその結果、ハンター協会は、ビヨンドを

監視しながら、一緒に暗黒大陸に行くことになる。

 

WS000003

 

ビヨンドはしばらく拘束されることになる。

 

暗黒大陸に着くまで・・・

 

WS000004

 

暗黒大陸に移住する希望者を運ぶ輸送船1号だ。

 

WS000005

 

徐々に暗黒大陸に向けて話が進んでいく。

 

WS000013

 

その頃・・・カキン帝国の、暗黒大陸に行くメンバー

達(パリストンもいる)のところに、ジンがやってくる。

 

WS000014

 

オレも混ぜろよ。

来る者は拒まずなんだろ?」
WS000015

 

ジンが暗黒大陸に行くメンバー入りを希望する。

 

そしてジンが今回の騒動に真相を語る。

 

「今回の騒動はお前お得意の

強制二択だろ。

協会がビヨンドの挑発に応じれば、

世界中に・・・そして応じなければ

ハンター協会に
5000体の兵隊(キメラ【蟻のこと】)

を送りこむ。

ここからはオレが直接遊んでやる。

お前が勘弁してくれと言うまでな。」

 

WS000016

コメントを残す