スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第337話②







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第337話 懺悔

 

カイトが話す。

 

WS000004

 

「待てよ、逃げるな。

お前はあたちと来い。

お前が撃ったあたちのそばで。

これからずっとだ。

これからずっと『これしかない』って

生き方をするんだ。

これはお前の義務だ。

選択の余地なんかない。

自ら死んでリセットするなんて誰が許すか。

毎日あたちに謝りながら生きろ。

もしお前がちょっとでも今の覚悟を

忘れて堕落したら、

あたちが殺してやる。」

 

そこにゴンが来るんだ。(何というタイミング!)

 

WS000005

 

まずゴンがカイトに謝る。

 

「カイト・・・ごめん・・・!」

 

カイトはゴンをイスに座らせる。

 

「何にだ?」

 

カイトはゴンに尋ねる。

 

「いっしょに戦えなかった。

力が足りなかった。

でも・・・次はオレがカイトを護るよ」

 

カイトは、ゴンがビトー(カイトが負けた蟻)を倒すのに

死にかけたことを知っていた。

 

そして、カイトが負けた蟻にゴンが勝った。

 

しかし、ゴンは一人で勝てたわけではないと言う。

 

カイトは、「お互い修行が足りなかったな」とゴンに言う。

 

とても暖かい空気が流れる。

 

WS000006

 

お互いの心が一つになる。

 

そしてカイトは、ゴンがジンと会ったことを知っていた。

 

カイトは、ジンの元に戻るようゴンに言う。

 

そう、カイトとゴンはもう仲間だから!

 

そして、蟻の残党は言う。

 

「悪かった。

楽になりたくて全てから逃げようとした。

苦しくても生きてみるよ。

『精一杯やった』って

死ぬ時思える様に」

 

ゴンがジンの元に戻ったとき・・・

 

ジンはすでにいなかった。

 

変わりに置手紙があった。

 

WS000007

「世界樹のてっぺんで待つ」

コメントを残す