スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第336話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第336話 解除

 

イルミが、ナニカのルールについて

推測する。

 

まず、キルアが閉じ込められたナニカに会う前に

最後にしたお願いは、ミルキが欲しかった

「最新のパソコン」だった(ていうかこんなことで

お願いするなよ…)

 

このお願いに対するキルアへのおねだりが、「死んだふり・

しりとり・ナデナデ」だった。

 

そして、「キルアのほっぺにチュー」というお願いに

対するおねだりが、「ツボネの爪×3枚」だ。

 

明らかにお願いとおねだりのバランスが取れてないよね。

 

特に、「ほっぺにチュー」と「ツボネの爪×3枚」では

まったくつり合いが取れていない。

 

ということは、今回は何か特別な理由が

あるみたいだ。

 

そこで、イルミは「最新のパソコン」(お願い)と

「ツボネの爪×3枚」(おねだり)が対応している

んじゃないかと推測する。

 

もしこの推測が正しいなら、「死んだふり・

しりとり・ナデナデ」と「ほっぺにチュー」は

おねだりとお願いにカウントされていない

ということになる。

 

じゃあ、何で「死んだふり・

しりとり・ナデナデ」と「ほっぺにチュー」は

おねだりとお願いにカウントされないかって

ことが問題になる。

 

この答えとして、イルミは2通りの推測をする。

 

推測①…二択の結果がナニカの能力を必要としない

程度のやさしい「お願い」であったから

推測②…「お願い」ではなかったから

そして、まだここで別の問題がでる。

 

推測①のおねだりにならないとき場合、

おねだりしたのは「ナニカ」じゃなくて

「アルカ」ってことになる。

 

この理由として、キルアは「ナニカはオレの事を

キルアと呼ぶ」と言ってた。

 

そしてキルアに死んだマネをおねだりしたとき、

「お兄ちゃん、死んで」と言っていた。

 

だから、おねだりをしたのはアルカということになる。

 

だからナニカは目覚めていない。

 

でもその後、キルアはナニカに「お願い」をしている。

 

この矛盾に対する答えが…

キルアがしたのは「お願い」じゃなくて「命令」。

 

そして「命令」だと見返りはないということ。

 

そして、イルミはこのナニカの能力を自分のいいように

利用したいようだ。

 

そしてキルアは、ナニカに起きるように言う。

 

WS000001

 

そしてイルミを家に吹っ飛ばすように「命令」する。

 

WS000000

 

ナニカはキルアに褒められていがために、

命令を聞いていた。

 

そしてキルアはナニカに対して、厳しいことを言う。

 

WS000002

 

「もうお前は…出てきちゃダメだ。

もう二度と出てくるな!!

わかったな!!」

 

そしてナニカからアルカに変わる…

 

アルカはどうやら怒っているようだ。

 

ナニカがひどく悲しんでいる。

 

そしてアルカがキルアを叩く。

 

WS000003

 

「ナニカをいじめるお兄ちゃんなんかっ

大キライ!!!」

 

そして反省したキルアが、アルカにナニカを呼ぶよう

に言う。

 

ナニカに平謝りのキルア。

 

WS000004

 

どうやらキルアとナニカは無事仲直りしたようだ。

 

WS000005

 

そしてツボネにキルアの警戒令が解除するという

連絡がくる。

コメントを残す