スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第335話②







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第335話 決定②

 

WS000008

 

そして会場を出たゴンに、ジンが追いかけてきて伝える。

 

「カイトに念能力を教えたのはオレだ!!

アイツの”気狂いピエロ(クレイジースロット)”

にはな、『ゼッテー死んでたまるか』って

本気で思わねーと出ねー番号がある!!

アイツが生きてんなら多分そーいう事だ!」

 

ということは、カイトが生きてること、そして女の子として

生きていたことは、カイトの念能力である気狂いピエロの

能力が原因のようだ。

 

一体『本気で思わねーと出ねー番号』って、

どういう効果がある能力だったんだろうね!

 

そして、話が変わって、ハンター会長総選挙の結果は・・・

 

WS000004

 

パリストンが458票で会長に決定!

 

パリストンは決定するといきなり、

副会長にチードルを指名する。

 

そして、何とパリストンは会長を辞めるという。

 

WS000007

 

全く読めない奴だよね。

 

ここまではさすがのジンも読んでいなかったようだ。

 

そして、ここでパリストンの本音が聞ける・・・

 

「ボクはね、会長になりたくて副会長を引き受けた

んじゃない。

会長のジャマがしたかっただけ…

ネテロさんはね、ボクが面白い茶々を入れると

本当に嬉しそうに困ってた…

もっと会長と遊びたかったな…」

 

そして本当に悲しそうなパリストンの表情。

 

WS000005

 

パリストンは本当に会長が好きだったんだね。

 

だから、会長の思いを良く分かっているのもパリストン

なのかもしれない。

 

そしてチードルに最後のコメントをする。

 

「ハンター試験と十ヶ条の改正はお早めに…

チードルさん…貴方の協会が退屈なもの

だったら…

次は本気でおちょくりますから」

 

ゴンとレオリオは車で向かう。

 

そのころ、キルアとイルミが対峙する。

 

WS000006

コメントを残す