スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第331話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第331話 X日

 

いよいよハンター協会の会長の選挙が終盤に来た。

 

一体誰がハンター協会の会長になるんだろうね。

 

チードルがジンの所に行く。

 

WS000000

 

ジンは明日旅立つようだ。

 

チードルがジンに聞く。

 

「パリストンが何考えてるのか

わからない…

どうしたらアイツに勝てるの?」

 

どうやらとうとうチードルも

お手上げのようだよ。

 

なんだかんだで、ジンは頼りにされているんだね。

 

ジンが言うには…

 

アイツ(パリストン)は勝とうと思ってない。

負けようとも思ってない。

だから強いんだ

 

「まず今回の選挙でお前(チードル)とパリストン

が残る。

次の一対一選挙で1位と2位が逆転する

そしてそれがずっと続くだろう。

おそらくパリストンは投票率を下げにくる。

アイツが完全に意志を掌握している協専の連中

が棄権する。」

 

「アイツ(パリストン)はただ楽しみたいんだ。」

 

ちなみに、ジンは驚きの事実を話す。

 

「前会長(ネテロ)が自爆した日、

ハンター協会所有の大型飛行船が100機、東ゴルトー

に向かった。

それで、約5000個のマユを回収している。

蟻に配合された半獣人のマユだ。

全員念能力を持っている。

おそらくもう全部孵化(ふか)しているだろう。

パリストンはこいつらで遊ぼうとしている

Xデーは次のハンター試験日

ただし、ハンター十ヶ条の解釈次第で少し状況が変わる」

 

これはビックリな話だよね。

 

もう完全に蟻はいなくなったと思ってたけど、

まだ終わったわけでは無いようだ。

 

ちなみにハンター十ヶ条はこちら↓

ハンター十ヶ条まとめ

 

WS000001

WS000002

 

そして、選挙に戻るよ。

 

とうとう13代会長が決まる!

 

そのころ、キルアがゴンがいる建物に、アルカと

入っていく。

 

WS000003

 

アルカはまだ寝たままだ。

 

いよいよゴン復活か!!

コメントを残す