スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第13話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第13話 真夜中のゲーム①

 

前回2次試験が無事終わって飛行船で次の試験に向かうんだ。

 

WS000000

次の試験場に着くまで、しばらく飛行船で

休息するようだよ。

 

その間ゴンとキルアは飛行船を探検するみたいだ。

 

本当に元気だよね!

 

WS000001

 

レオリオとクラピカはかなり疲れているようで、

ゆっくり休むみたいだ。

 

さすがにハンター1次試験と2次試験でクタクタに

なったみたいだよ。

 

クラピカが一体いくつ試験があるんだろうと

素朴な疑問を口にすると、

新人潰しのトンパが「大体平均して

試験は5つか6つくらいだ

ということを教えてくらたので、

後3つか4つの試験があるみたいだ。

 

まだ半分も終わってなくて、

先は長そうだよ・・・。

 

さて、飛行船の探索に行ったゴンと

キルアだけど、飛行船からの夜景を

楽しんでいるみたいだ。

 

飛行船からだと絶景のようだよ!

 

ここで、キルアの家族のことがわかるんだ。

 

何とキルアの両親は…「殺人鬼」!

ということだそうだ。

 

キルアの一家は暗殺稼業ということだ。

 

すんごい家庭で育ったもんだよ!

 

どうやらその家族の中でもキルアは相当

期待されているようだ。

 

でも、キルアは家族の考えに縛られたくないようだよ。

 

やっぱり自分の人生は自分で決めたいていうことだよね!

 

 

それで、家族とケンカになって、

WS000002

 

「母親の顔面と兄貴の脇腹刺して

家おん出てやった!」(キルア)

ということのようだよ!

 

家族のケガは大丈夫なんだろうか・・・

 

そして、「ハンターの資格

取ったらまずうちの家族とっ捕まえるんだ

きっといい値段で売れると思うんだよねー」

と、冗談だか本当だか良くわからないよね…

 

キルアはなかなかぶっ飛んだ奴だということが

分かったよ。

 

そしてキルアとゴンがそんな話をしているところに、

ネテロ会長が近づいてきたんだ。

 

そしてネテロ会長とゲームをすることになったんだ。

 

WS000003

 

何とこのゲームに勝ったら、ハンターの資格を

くれるということだ!

 

こりゃマジで行くしかないよね!

 

ゲームの内容は…

ネテロ会長からボールを奪えば勝ち!

 

WS000004

というシンプルなルール。

 

しかもどんな攻撃も自由!

 

相当な自信があるんようだよ。

 

ゲームがスタートとして、

早速キルアが魅せてくれるよ!

 

WS000005

肢曲という暗殺術だそうだ。

 

解説には「暗殺術の1つ。

足運びに緩急をつけることで、

残像を生じさせ敵を幻惑する技。

暗歩と呼ばれる無音歩行術を

応用した高等テクニック。」

 

解説を読んでも良くわからないけど…、

かなりすごそうな技だ!

 

でもネテロには全然通用しないようだよ…

 

WS000006

 

キルアは仕方ないから

ネテロの足を思いっきり蹴るんだ。

 

WS000007

…ところが、何と蹴ったキルアの方が

痛がってるんだ。

 

ネテロの体はどうなっているんだろうね…

 

そして、今度はゴンの番だ!

 

思いっきりネテロに突っ込んで、

WS000008

 

意表をついてジャンプするけど、

どうやら失敗したようだ…

 

WS000009

ネテロもちょっと驚いたようだよ。

コメントを残す