スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第105話「9月4日④」







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンター ネタバレ 105

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第105話「9月4日④」

 

ヒソカからのタレコミにより
自分が見た旅団たちの死体は偽者だと知ったクラピカ。

 

26

「旅団の中にそう言う能力者がいるらしい」

きっとアイツだ!

 

競売品のコピーを作ってた人物!!

 

事態の急変に頭が回らないクラピカ。

 

そこにセンリツから電話が入る。

 

「コミュニティが旅団の残党狩りを断念したわ!!」

 

旅団への懸賞金もすべて白紙に戻したと言う情報も入る。

 

・・・これでキルアの作戦は吹っ飛んだ事に。。。

 

旅団が流星街の出身だとわかり分が悪いと思ったのか

終戦命令を出し下手に手を出さないと決めたコミュニティ。

 

ゴミと称して流星街の住人に大量の武器や貴金属を援助する連中がいる。

 

「それがマフィアンコミュニティーだ」と言うクラピカ。

 

社会的に存在しない人間は犯罪にうってつけだという。

 

どうやら敵対していたはずの旅団とマフィアは

時として利害一致で動いてるらしい。

 

そんな感じで本来なら流星街とコミュニティーは蜜月関係にあるはずだが

それを壊したのが流星街出身の旅団だという。

 

さて、死体はフェイクだと知ったクラピカどうする!?

 

そのころ、旅団のアジトでは

シズクのように危険回避の助言が出るかもしれないということで

他のメンバーもクロロにより未来を予知されていた。

 

しかし流星街出身の彼ら。

 

中には自分の血液型はもちろん、生年月日すら知らないものもいる。

 

当然そういった人は情報がないため予知が出来ない。

 

情報がある者だけを予知するクロロ。

 

27

 

『赤目の客が貴方の店を訪れる 半身は天使で半身は死神

月達の秘密を売るといいだろう 霜月のそれが特に喜ばれるはずだ』

 

『熱い日に件の客の仲介で 逆十字の男と2人きりになれるだろう

偽りの卯月は暦からはがされる これで残りは6枚となる』

 

そう結果が出たのはヒソカ。

 

「どんな結果が出たの?見せて」とパクノダに言われる。

 

その言葉にヒソカに注目を集める旅団メンバー。

 

「やめた方がいい 見たら驚くよ?」とヒソカは言うが

「いいから」とせかすパクノダ。

 

ハイハイ、と観念して結果を見せるヒソカ。

 

結果を見たパクノダは驚くのだった。

 

”赤目の客”というのは十中八九クラピカの事だろう。

 

”偽りの卯月は暦からはがされる”というのは

ヒソカが偽りでつけている旅団番号の事か?

 

しかしこの状況・・・ヒソカにとってやばいのでは!?

 

ヒソカが仲間の秘密をクラピカに売っていた事がばれてしまう!?

 

ヒソカのことだからただやすやすと大人しくしてるような奴ではないだろうが

ヒソカがこの状況をどう切り抜けるのかが楽しみだ!

 

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓

コメントを残す