スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第93話「9月3日⑨」







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第93話 9月3日⑨

 

ノブナガに見張られ部屋に監禁されたゴンとキルア。

 

キルアはゆらりと立ち上がり

一つしかない出入り口に座り込むノブナガに対して

殺気を露わにし睨み付ける。

 

131

 

しかし間合いを取るノブナガの気迫に

 

132

 

今の自分では敵わないと考え、壁を殴りつけるのだった。

 

133

 

頭の中で響いた幼き頃からの教えに対し自己否定しつつ葛藤し

自分を抑える事で精一杯のキルア。

 

それに対し冷静なゴン。
部屋を抜け出す方法やレオリオの心配をする余裕があった。

 

ゴンはどんな状況でも楽しんでしまうから

こういうときでも心に余裕が持てるんだろうなぁ…。

 

その頃、外ではフランクリンとシズクがゴンたちについて話をしていた。
「他人事で一番力を発揮するトコ」がウボォーキンと

似ているというフランクリン。

 

タイマン専門のノブナガと組む事が多かったウボォー。

 

ノブナガとウボォーはその組み合わせにいつも文句を言いつつも

仲間の為なら力を発揮するウボォーの事を心の中では認めていたノブナガ。

 

134

 

なるほど、だからウボォーに似ているゴンをノブナガは気に入ったのか…。

 

一方まだ部屋から脱出できないでいたゴンとキルア。

 

ふと、ゴンはゼパイルから教えてもらった

贋作師が玄人の鑑定士を騙す手口である”殺し技”・・・

 

『取り出し口が一つしかない”木造蔵”の中のお宝を取り出す方法』を思い出す。

 

「”ヤキヅケ”と”ヒラキ”と…あと何だっけ」

 

部屋の出入り口は一つ。
窓もない。

 

そう、部屋の形は”木造蔵”と同じ!!

 

しかしなかなかあと一つの”殺し技”が思い出せないゴン。

 

・・・がんばれ、ゴン!

 

そのうち自分が囮になってゴンを逃がそうとするキルアの発言に腹を立てたゴンは

こんな状況だというのにキルアと口げんかになる。

 

135

 

それを眺めながら「やっぱお前ら面白ェわ」と二人を気に入るノブナガは言う。

 

だからこそ、(殺したくないから)団長が来るまで大人しくしとけという。
「ムダ死にすんな」
「オレに刀をぬかせるな オレがぬけば お前らは死ぬ」

 

そうこうしているうちに”ヨコヌキ”を思い出したゴン。
「思い出した!!ヨコヌキだよ ヨコヌキ!!」
いきなり何を言い出すんだ!?と言う表情をするキルアだったが

ゴンが何を言いたいのか理解する。

 

”出口がふさがれてるなら 別なとこから出ればいい!!”

 

ノブナガのいる出入り口に向かうではなく

二手に分かれ、左右の壁を力いっぱい蹴破るゴンとキルア。

 

136

 

二人ともっ、よく思い出したっ!
まさに”ヨコヌキ”!

 

そして二人は部屋からの脱出を成功させる。

コメントを残す