スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第90話「9月3日⑥」







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第90話 9月3日⑥

 

いよいよゴンたちが旅団を尾行する。

 

しかし相当な危険が待っている。

 

ここからは見つかったらアウトだ!

 

尾行はゴンとキルアがすることになる。

 

そしてキルアは「絶」を使って尾行をする。
(レオリオは絶をまだ使えない)

 

キルアとゴンは2つの約束をする。

 

①奴等に姿を見られたら尾行は即中止。

速やかに場を離れる。

②キルアがこれ以上追跡不可能と思ったら中止。

 

レオリオはゼパイルと連絡を取って、

競売を担当することになる。

 

ゴンは以前ハンター試験で、ヒソカにバレずに

尾行した経験がある。

 

だから、少々のことではバレないはずだ!

 

もちろんキルアは尾行は朝飯前だ!

 

そして尾行開始!

 

302

 

キルアが旅団の少しの変化も見逃さない。

 

もし尾行がバレると、絶対に何らかの変化が現れる。

 

キルアは何と3才のころから尾行ごっこをしていたらしい・・・

 

さすがゾルティック家の優等生。

 

旅団もまだ尾けられてると確信はしていない。

 

そしてどんどん人気のないところに向かう。

 

303

 

キルアが焦り出す。

 

これは「罠」なのか、

 

それとも「アジト」に向かおうとしているのか。

 

しかし、旅団に不自然な様子は見られない。

 

キルアは尾行を続行することを決める!

 

旅団はゴンたちを誘い出そうとしている。

 

304

 

しかし、ゴンとキルアはもちろんみずから出ていくことはない。

 

そこにノブナガの携帯に旅団の仲間から連絡が入る。

 

その瞬間・・・

 

305

 

バレた!!!

 

一気に脱出をはかるゴンとキルア。

 

306

 

しかしその先には・・・

 

旅団の仲間が待ち伏せしていた。

 

307

308

 

キルアが逃げようとするが、

あっさり捕まえられる。

 

309

 

それを振りほどくだけで精一杯のキルア。

 

310

 

そこにノブナガが現れ、大ピンチの

ゴンとキルア。

 

311

 

そしてノブナガがキルアに聞きたいことがあるという。

 

312

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓

コメントを残す