スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第86話「9月3日②」







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第86話 9月3日②

 

旅団の有力情報に賞金を出し、一人見つけて捕まえると、

仲間の居場所を聞き出し他のメンバーも捕まえていく

「名づけて芋づる作戦!」と、

ゴンが見つけた「名づけて念でぼろもうけ大作戦!!」

で、掘り出し物を探すゴンたち。

 

しかし、まだ旅団に関する有力な情報は得られていない。

 

「名づけて念でぼろもうけ大作戦!!」については、

ゴンと同じようなことをしているヤツがいることに気づく。

 

ゴンが紙に値段を書いたものに、さらに値段を上書き

してくるヤツがいる。

 

218

 

そこでキルアが戦略を変える。

 

値段を書き換える規定時間が12時間だ。

 

だから時間ギリギリにゴンとキルアで値段を書き換える。

 

そうすると、こちらはキルアとゴンの2人いるので、

最低1つは手に入れることができる。

 

そしてその結果、

ゴンたちは3勝1敗だった。

 

1つは取られてしまったけど、

残りの3つは手に入れることができた。

 

手に入れた商品をオークションにかけようとするが、

オークションに出品するには半年前までに出品する必要がある。

 

仕方がないので、ゴンたちは教えてもらった業者市というものに

出品することにする。

 

※業者市・・・文字通り競売品の仲介を生業としている

専門家のみが集う競売市。ただし一般人も参加可能。

出展された現物のみを頼りに競りが行われる。

そのため真贋(しんがん)を含めてその品の

善し悪しは全て参加者の目にゆだねられる。

 

業者市に出す前に、一度商品の価値を見積もってもらいに行く。

 

219

 

その結果、3品のうち2品はかなり高額だという評価をもらう

けど、残りの1品の像はほとんど価値が無く、像を入れていて

箱は多少価値があると言われる。

 

220

 

ここで見積もってくれた人が、「ほとんど価値の無い像

以外の2品を売ってくれるなら、像も高く買い取る」という

提案をしてくる。

 

ゴンとキルアは売るべきかどうか悩む。

 

その間に見積もってくれている人が

像をよく調べさせてもらうと言って

もって行こうとする。

 

そしてどうするか考えていたとき、

横から知らない人が現れ、

221

 

「待ちな!!

その木像そこにおけ!

ボウズだまされんな。

絵とアンティークドールの値段は妥当だが、

木像に関してはデタラメだ

 

どうやら見積もってくれた人はウソをついて

いたようだ。そして続ける。

 

「お前が欲しいのは、その木像の内容!!

こりゃ木造蔵。

300年くらい昔に金持ちの間で

流行った税金逃れの隠し金庫だ。」

 

222

 

この木像の中には財宝がギッシリ詰まっている

はずだという。

 

あやうくゴンたちはだまされるところだったよ!

コメントを残す