スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第74話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第74話 9月1日③

 

前話で、幻影旅団が地下競売に来ている連中を

一気に片づけた。

 

244

 

そして、マフィア達が競売場の異変に気づき集まってくる。

 

クラピカもようやくその異変に気づき、リーダーに連絡をする。

 

そして中に入ると、

あれだけ多くの人がいたはずなのに誰もいなくなっていた。

 

騒ぎが一気に大きくなっていく。

 

さらに競売品も全てなくなっていた。

 

憤るマフィアたち。

 

245

 

旅団が盗んだのだろうか。

 

屋上から気球で旅団のメンバー達は逃げていた。

 

246

 

そしてマフィア達も気球に気づき、

捕まえたものに褒美を出すことで全組織をあげて捕まえようとする。

 

クラピカのボスもこの話を聞き、手柄をあげるようともくろむ。

 

しかし実は幻影旅団はお宝を手に入れていたと思っていたが、

幻影旅団の団長は、競売場には品物がなかったことが知らされる。

 

247

 

あらかじめこういうことを知っていたかのようなあまりのタイミングの良さに、

団員の中には背信者(ユダ)の存在すら疑うものが現れる。

 

248

 

もちろん、マフィアたちはネオンの予知によって競売場が狙われていると

知ったのだが。

 

しかし、団長ははっきりと否定する。

 

団長「いないよそんな奴(ユダ)は」

 

幻影旅団を売ったとして、満足する団員がいるとも思われないからだ。

 

そして消えた競売品の場所については、

マフィアの連中から聞きだしていた。

 

マフィアコミュニティーが6大陸10地区をナワバリに

分かれているが、その各地区のマフィアの長達を

「十老頭」と呼んでいる。

 

その十老頭達が組織最強の武闘派軍団を形成している。

 

それが「陰獣(いんじゅう)」だ。

 

249

 

その陰獣のひとり「梟(フクロウ)」が金庫の中に入り、

手ぶらで出て行ったという。

 

 

250

 

そして出ていった後の金庫には何も残されていなかった。

 

おそらくは念能力によるものだ。

 

ここで、幻影旅団は陰獣をおびき寄せお宝を手に入れるため、

あえて大暴れすることになる。

 

コメントを残す