スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第67話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第67話 人体収集家の館①

 

クラピカが大きな屋敷を訪れる。

 

WS000034

 

腕には鎖を巻いている。

 

クラピカの新しい武器なんだろうか。

 

どうやら新しい雇い主を探しているようだ。

 

屋敷の中には、クラピカと同じように雇われに来た

と思われる人達が座っている。

 

WS000035

 

クラピカは以前雇い主を紹介してもらおうとしていたが、

念能力をマスターしていなかったので、

紹介を受けることができなかった。

 

そして念能力を短期間で身に付け、

ようやく紹介を受けることができるところまできた。

 

WS000036

 

クラピカの雇い主の条件は・・・

 

ヨークシンで開催されるオークションに強い

コネクションを持つ人物がいい。

仕事の内容は問わない。」

 

この条件に合う雇い主の中に、

「人体収集家、全身刺青皮の昇龍図極美品

ゼリー症児の頭部etc…」

というのがいた。

 

まさにクラピカが求めている緋の目を

集めていそうだ。

 

そして、クラピカはその雇い主の面接に受けにきた

ということだ。

 

面接をする人物が現れる。

 

WS000037

 

契約について説明する。

 

「君らが証を持っているか否かは問わない。

要はこちらの望むものを手に入れてくれるか

どうかだ。

オークション開催まであと一ヵ月

あるが、それまでにこれから渡すリストの

中から一つどれでも構わないので探してきてくれ。」

 

そのリストの中には・・・

 

WS000039

 

「クルタ族の眼球」があった。

 

顔色が変わるクラピカ。

 

これをクリアすれば、正式な契約となる。

 

クラピカはまず、信頼を得ることを優先する。

 

コレクターは常に2つのものを欲している。

 

一つ目は・・・より珍しく貴重なアイテム。

二つ目は・・・自分の収集成果(コレクション)を

自慢できる理解者(なかま)。

 

だから、まずはコレクター達の中に入り込み、一網打尽にするのが

クラピカの戦略だ!

 

そして屋敷から出ようとすると、部屋のドアが開かない。

 

「一つ伝え忘れたが、”強い”ことが雇用の

最低条件だ。

その館から無事出られるくらい『最低』な」

 

そしてドアから大量に武器を持った敵が現れる。

 

WS000038

 

銃を乱射してくる。

 

これにクラピカが新たな武器で応戦する!?

 

WS000040

コメントを残す