スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第323話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第323話 依頼

 

前回からアルカのルールについての話の続きだよ。

 

前回、アルカの「おねだり」を3回聞いて、「お願い」をする。

 

「おねだり」を4回断れない。

 

「お願い」が大きければ大きいほど、次の「おねだり」が
大きくなる。

という話だったよね。

 

そこで重要な問題として、「おねだり」を4回失敗すると
命を償わなければならない範囲
だ。

 

「億万長者にして下さいますか?」と執事がアルカに「お願い」したときは、

その後、他の人がアルカの「おねだり」を断った結果、67人が

死んだというケースがあったそうだよ。

 

ヘタをすれば、ゾルティック家のメンバーもその死んでしまう人の中に

入ってしまうかもしれないからね。

 

そして、その範囲について調べた結果、次のことが分かったんだ。

 

アルカの「おねだり」を4回断って死ぬ犠牲者の順番だけど、

命を失う人が2人の場合は、「失敗した人」と「その最愛の人」

が死ぬ。

 

そして、もし犠牲者が2人以上の場合だけど、

「『失敗した人』と長い時間を共に過ごした人順に死ぬ」

ということが分かったんだ。

 

ということはだよ、もしアルカの「お願い」でゴンを助けて、

次の「おねだり」をキルアが受けたとして、キルアが4回「おねだり」を

断ったら…

 

当然「お願い」はかなり大きい部類に入るから、かなりの人が

犠牲者になるのは当然だよね。

 

ということは、キルアの最愛の人は当然、キルアと長く接した人も死ぬ

ことになるよね。

 

ということはゴンはもちろんヒソカも死ぬかもしれないってことだ!

 

さらには、ゾルディック家は全滅の可能性だってあるんだ。

 

これは大変なことだよね。

 

イルミがヒソカにアルカを始末したいと言った理由が分かったよね。

 

そして、イルミはキルアが、キルア以外の人に「お願い」をしてもらって、

その後の「おねだり」は自分で引き受けるつもりだと考えているようだ。

 

ちなみに、アルカは本当にキルアのことが大好きなようだ(笑)

 

WS000061

今回のことでさらに分かったことは、

「おねだり」をしたりキルアをお兄ちゃんと呼ぶのは「アルカ」で、

目が黒くなって、「キルア」と呼ぶのは「ナニカ」と言うんだ。

 

WS000063

 

そして話は変わって、選挙の続きだ。

 

前回選挙のルールを少し修正して投票率を上げようとしたんだ。

 

具体的には無効票をできなくして、さらに前回無効だった人が
欠席になるとライセンスを没収するということにしたんだ。

 

ところが…

何と、確かに無効票は無くなったけど、前回の無効票45人のうち
35人が欠席に入ったようだ。

 

つまり、この35人はライセンスが没収されるということだよ!

 

これでは結局本来の目的が達成できないよね。

 

そこで、パリストンがまた提案をするんだ。

 

WS000062

十二支ん全員でハンター会員の全員に演説をするというもの。

 

この演説で、この選挙がいかに大事かを知らせるということだ。

 

果たして、演説で効果があるのかは良く分からないよね。

 

一体これからどうなるんだろうね。

コメントを残す