スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第47話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第47話 見えない壁

 

いよいよ200階に到達したゴンとキルア。

 

2

 

しかし、その話を聞いたウイングは

あまり良い顔をしていない。

 

一体なぜだろう?

 

そして200階のエレベーターが開いてゴン達が出ようとすると、

嫌な空気を感じる。

 

3

 

それでもゴン達が進んで行くと、突然あまりに強烈な殺気

全く前に進めなくなってしまう。

 

4

 

そして、その殺気を出している方向には・・・

女の人??

 

5

 

どうやら、ゴン達に200階からのルールについて説明をしにきたようだ。

 

200階クラスは今日中に登録しないと、登録ができなくなってしまう。

 

じゃあ、さっきの殺気は一体!?

 

と思っていると、そこにヒソカが現れる。

 

6

 

さっきの殺気はヒソカが出していたんだ。

 

ヒソカはゴン達が、電脳ネットで飛行機のチケットを

買った情報を手に入れて、先回りしていたようだ。

 

そしてヒソカがゴン達に忠告をする。

 

「(ゴン達が)このフロアに足を踏み入れるのは、

まだ早い」

 

そして、ヒソカが手を前に出すと・・・

 

7

 

ゴン達は全く前に進めなくなる。

 

10

 

そこにウイングが現れる。

 

ウイング「無理はやめなさい。

彼の念に対し、君たちはあまりに

無防備だ。

 

どうやら、ヒソカは念の力を使って

ゴン達を前に進めなくしていたようだ。

 

そして、ここでウイングがゴン達に説明した

燃(ネン)は、本当の念(ネン)ではないことを告げる。

 

ウイングが念について説明するから、

一旦引くようにゴン達に言う。

 

しかし、ゴン達は今日中に200階クラスに登録

しなければ失格になってしまうので、急がなくてはいけない・・・

 

ウイングが念について説明する。

 

8

 

念とは、体からあふれ出すオーラとよばれる

生命エネルギーを自在に操る能力のこと!

生命エネルギーは誰もが微量ながら放出しているが、

そのほとんどは垂れ流しになっている。

これを肉体にとどめる技術を纏(テン)といいいます。

これによって、肉体は頑強になり常人よりはるかに

若さを保てます。

絶(ゼツ)は字のごとくオーラを絶つ技術。

気配を消したり、極度の疲労をいやす時などに

効果があります。

練(レン)は通常以上のオーラを生み出す技術。

 

ウイングが言うには、邪念をもったオーラだけで人を

殺せるという。

 

そして、

「念の使い手から身を守る方法は1つだけ、

自分も念の使い手になること。

纏による防御のみ

 

9

 

ということは、ヒソカの念による攻撃を突破するには、

ゴン達は纏をマスターしないといけないということだよ!

 

コメントを残す