スポンサードリンク

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第43話







------------------------------------------------------------------------------------------------

スポンサーリンク





------------------------------------------------------------------------------------------------

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第43話 ゾルディック家④

 

ゴン達は、ゾルディック家の執事達の住まいに通される。

 

入口には執事達が並んで待っていた。

 

WS000001

 

部屋の中に通され、一息つくゴン達。

 

執事達がゴン達に謝罪する。

 

ゴン達を正式なお客様として扱うように言われたからだ。

 

ようやくこれで、キルアと再会できそうだね。

 

キルアが来るまで待つことになる。

 

WS000002

 

ここで待っている間が退屈なので、

執事からの提案でゲームをすることになる。

 

コインを取り出す執事。

 

コインを上に投げて、

両手を交差しながらコインを取る。

 

WS000003

 

「コインはどちらの手に?」

 

ゴン達は全員「左手」と回答。

 

正解だったようだ。

 

そして、次はさらにスピードを早める。

 

「また左手」

 

これもゴン達は簡単に見極める。

 

ここで、執事は少し本気を出すと言う。

 

WS000004

 

今までとは比べ物にならないスピードだ。

 

レオリオはここでついて行けなくなったようだ。

 

ここで執事が急に表情を変えて話し出す。

 

「私は…、キルア様を生まれた

から知っている。

僭越(せんえつ:自分の立場を越えて出過ぎたこと)

ながら親にも似た感情を抱いている。

正直なところ・・・・キルア様を

奪おうとしているお前らが憎い。

さぁ、どっちだ、答えろ」

 

「左手だ」

 

クラピカが答える。

 

執事が開いた手のひらには・・・

潰れたコインがあった・・・正解だ。

 

WS000005

 

空気が緊迫する。

 

「奥様は…消え入りそうな声だった。

断腸の思い(耐えがたい悲しみ)で送り出すのだろう。

許せねぇ。」

 

WS000006

 

執事達がナイフを取り出す。

 

「いいか一度間違えばそいつはアウトだ。

キルア様がくるまでに3人とも

アウトになったら・・・

キルア様には”3人は先に行った”と

伝える。

2度と会えないところにな・・・」

 

これはやっかいなことになったよ。

 

キルアが来るまで、何とかしないといけない。

 

そして、今度は凄まじいスピードでコインを移動させる。

 

WS000007

 

あまりの速さにゴンでさえついていけない・・・

 

レオリオは左手。

 

ゴンとクラピカは右手と回答。

 

答えが分かれた。

 

どちらかが正解。

 

正解は右手だ。レオリオがまずアウトだ。

 

そして次は・・・

やはりゴンとクラピカは、

手が早すぎてどちらか分からない・・・

 

クラピカが適当に右手と答える。

 

ゴンはそれを聞いて左手と回答。

 

どちらかが正解という方法をとるようだ。

 

答えは左手。ここでクラピカがアウトになり、

残るはゴンのみ・・・

 

ここで、ゴンは今まで目をガーゼで覆っていたけど、

そのガーゼを取るようだ。

 

そして、両目を使える状態にして、チャレンジだ!

 

執事がコインを回しだす。

 

ゴンは左手と回答。そして正解!

 

どうやら両目だとゴンは速さについていけるようだ。

 

ここで執事が3人集まってコインをすさまじいスピードで

移動させていく。

 

WS000008

 

そしてこれにゴンは・・・

何とゴンの後ろにいる執事がコインを持っているという。

 

WS000009

 

そして大正解!

 

執事全員が拍手をする。

 

急に雰囲気が元に戻る。

 

どうやら、キルアが来るまでわざと執事たちが演技して

いたようだ。

 

これは執事達の名演技だったよね!

 

まんまとだまされてしまったよ。

 

そしてキルアがゴン達の前に現れる。

 

WS000010

「ゴン!!

あと、えーとクラピカ!!

リオレオ!!」

 

キルアはレオリオの名前すらちゃんと

覚えてなかったようだよ・・・

 

そしてキルアが加わって、

一緒に行くことになる!

コメントを残す