スポンサードリンク

キルアまとめ②

 

キルアは、幼い頃から様々な暗殺技術や拷問に耐える

訓練を受けてきているため、多くの特殊な能力を持っている。

 

 

 能力

 

体質(耐性)

 

まず毒が全く効かない。訓練で鍛えたというが、そんなことが可能なのだろうか・・・

 

また電流も訓練していて、どんな強烈な電流でも耐えることができる。

 

ただし、電流はあくまで耐えることができるだけで、

痛みはある。

 

 

また、一瞬で相手の心臓を抜き取ることができ、暗殺者としての

能力に疑いの余地はない。

 

WS000006

 

 

・肢曲(しきょく)

 

 

WS000005

 

暗殺術の1つ。

 

足運びに緩急をつけることで、残像を生じさせ敵を幻惑する技。

 

暗歩と呼ばれる無音歩行術を応用した高等テクニックである。

 

 

念能力

 

念能力の系統は「変化系」である。

 

幼い頃から、拷問の訓練を受け電流などを体に浴びていた。

 

それを活かし、オーラを電気に変化させ、様々な攻撃に応用している。

 

・ヨーヨー

96

重さ50kgのヨーヨーに電流を流し攻撃する。

 

ヨーヨーだけでも強力な破壊力があるが、

電流を流すことにより、さらに威力を増している。

 

ただし、キメラアント編からはあまり使用されていない。

 

・神速(カンムル)・・・電光石火と疾風迅雷

 

神速とは、自身の肉体に電気の負荷をかけ、潜在能力の限界すら

超越する動きを強制する技である。

 

また神速にはさらに2種類あり、「電光石火」と「疾風迅雷」がある。

 

自分の意思で肉体を操作するものが「電光石火」で、

相手の動きに感応して、自動的に肉体が働くのが「疾風迅雷」である。

 

人間の脳というものは、電気信号によって情報を伝えている。

 

この仕組みを利用して、キルアはオーラを電気信号に変え、

直接脳に命令を出すプログラムを設定する。

 

このことで、通常ではありえない速度で反応したり

行動することができるのだ。

 

ただし、この技にも欠点がある。

 

大量の電気を必要とするためすぐに電池切れになってしまうのだ。

 

また、この技を使用しているときは髪が稲妻状に毛羽立っている。

 

神速(カンムル)はキメラアント編のオロソ兄妹との壮絶な戦いで、

生死のギリギリの状況の中この技をあみだす。

 

97

 

 

①電光石火
WS000001

 

 

②疾風迅雷

 

98

 

・落雷(ナルカミ)

 

94

 

ジャンプ中、指先にオーラをため、ここぞのところで一気に放電する。

 

稲妻のような一閃で離れた敵を攻撃し、電流を浴びせることが可能となっている。

 

・雷掌(イズツシ)

 

95

 

手のひらから電流を発して、敵に直接攻撃を行う。

 

動きを数秒止められる上、敵によっては大ダメージを与えることができる。

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓

キルアまとめ①

 

キルア=ゾルディックに関する基本情報
年齢 12歳 血液型 A型
身長 158cm 体重 45kg
誕生日 7月7日 念の系統 変化系
出身地 パドキア共和国 ハンター試験 第288回試験合格

 

生い立ち

 

暗殺一家ゾルディック家に生まれる。

 

家族から人殺しとしての天性の才能を認められ、

暗殺者としての将来を期待されている。

 

友達を作ることを許されず、幼少より暗殺技術や拷問の訓練

長い間受けたため、誰とも遊ぶことがなかった。

WS000017

 

そして自分の将来について家族と大ゲンカをして家を出て、ハンター試験に参加したときに

ゴンと出会い初めての友達ができる。

 

家族の中では妹「アルカ」と、仲がとても良い。

アルカについてはこちらの記事を見てね↓↓↓

 

人物像

 

気まぐれでウソつき。

 

何を考えているのかわからない、猫のような性格である。

 

暗殺の訓練ばかり受けていたせいか、冷酷な一面もあるが、

普段はふつうの子供と変わらない。

 

頭の回転が速く、常に冷静な判断をおこなう。

 

家族により、勝てるかわからない戦いはしないように教育を受け、

イルミの念が込められた針によって、確実に勝てるとわからない

相手とは戦えないようにコントロールされていた。(キルアは知らなかった)

 

しかし、友達ゴンを助けるために、自らの意思でその針に気づきぬく。

 

キルア針2

 

 

キルア針

 

また、暗殺稼業に反発をし、自分の自由に生きることを決意する。
続き「キルアまとめ②」はこちらをクリック↓↓↓

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓

アルカは男の子?女の子?

WS000105

WS000105

アルカは「男」?「女」?

 

ゾルティックは10人家族。

 

「曽祖父、祖父、祖母、父、母、そして5人の兄弟(妹?)」

 

そして家族全員が暗殺一家である。

 

この兄弟(妹?)の中に「アルカ」がいる。

 

ところが、この「アルカ」というのが、見た目は女の子っぽいのだけど、

男なのか女なのかが分かりにくい。

 

その理由は、アルカが幼いころ、

執事がアルカを「坊ちゃん」と呼んでいた。

 

WS000106

 

だから、てっきり男の子かと思っていた。

 

一応何か例外的な意味が無いか「坊ちゃん」という

言葉を広辞苑で調べてみた。

 

広辞苑には、「①身分ある人または他人の男子の尊敬語。

②あまやかされて育った、世間知らずの男の子」

と書いてあった。

 

つまり、坊ちゃんという言葉を使う限り、通常は男の子に対して

使っているということになる。

 

しかし、漫画を読んでいくうちに、どうやらそうではないと

思わざるを得ない場面がいっぱい出てくる。

 

まず、アルカの話が始まる322話のタイトル名が「兄妹」。

 

WS000109

 

「兄弟」ではないのだ。

 

さらにキルアも「オレは兄妹としてあいつに頼む!!」

 

WS000104

 

と発言している。

 

このことからも、作者は女の子を考えているとわかるよね。

 

さらにキルアの「バーカ、アルカは『女の子だぞ!!』」

 

WS000107

 

「いい妹だろ?」

 

WS000108

 

という発言からも、明らかにアルカが女の子だと分かる。

 

ということで、基本的にはアルカが女の子だけど、

なぜ執事だけは坊ちゃんと呼んでいたのは不明だ。

 

執事だけのそういうルールがあるのかもしれない・・・

 

これと同じように、カルトも同じように分かりにくい。

 

見た目は女の子っぽい。

 

だけど「ボク急いでるんだけど」という発言があるので、

男の子の可能性が高い。

 

ハンターハンター クラピカ追憶編③

ハンターハンタークラピカ追憶編

 

そしていよいよ試験の日がくる。

 

22

 

長老「試験は全部で3つ!!

全てをクリアしてはじめて合格とする!

第一のテスト!!

語学試験!!

外の世界へ出る者、公用語をマスターして

いなければならん!!

90点以上を合格とする!!

制限時間は90分!!

始め!!」

 

23

 

クラピカは何とこの語学試験を3分で解き終わり、

しかも満点だった。

 

そして第2試験は一般常識。

 

外の世界の常識を問う問題だが、

これもあっさり突破するクラピカ。

 

いよいよ最後の第3試験だ。

 

長老「最後のテストは、自己抑制試験!!

外の世界に出る者、クルタ族の秘密を守らねば

ならなぬ!

おぬしももう知っておろうが、感情が著しく

たかぶった時に目が赤く変色するのはクルタ族

のみ。

外の世界の者はそれを緋の目とよびおそれた。

そのために我々は太古の昔からあまたの

誤解・偏見・差別・好奇の目にさらされ、

血を流してきた。

我々は2度と!!その悲劇をくり返してはならない!

ゆえに人前での変色は絶対に避けねばならぬ。」

 

そしていよいよ試験内容だが、長老が目薬を取りだす。

 

24

 

この薬を目にさしてから24時間中にもしも

緋の目を発現させた場合・・・精神的に落ち着いたと

しても緋の目は元に戻らない。

効き目は24時間だ。

 

そしてクラピカはこの目薬をさして最寄りの町(外の世界)に

買い物に行く。

 

24時間以内に緋の目にならず買い物から戻ってくるというもの。

 

そして一人パートナーとしてパイロが付くことになる。

 

ただし、パートナーのパイロが緋の目になっても不合格になる。

 

いよいよクラピカはパイロと共に、外の世界に出ることになる。

 

25

 

なぜここまでクラピカが外の世界にこだわるかと言えば、

それはパイロにある。

 

パイロは目と足が不自由だが、その原因はクラピカにあった。

 

以前クラピカがガケから落ちたとき、

パイロがクラピカを助けようとして

目と足を悪くしてしまった…。

 

26

 

そしてますますパイロの目は悪くなっていく。

 

クラピカはパイロの目を治してくれる医者

を見つけるために外の世界に行こうとしているんだ。

 

27

ハンターハンター クラピカ追憶編②

クラピカ追憶編
ハンターハンタークラピカ追憶編

 

そして置手紙が残されていた。

 

「クラピカ パイロ

いろいろとありがとう。

足のケガも大分良くなってきたので、

ワタシはそろそろ旅に戻ります。

いつか外の世界で会えるといいね。

(そのときワタシはプロハンターに

なれているといいな)

楽しみにしてるよ。

バイバイ!!

シーラ」

 

こうしてクラピカは外の世界に

強烈な興味を抱いていった。

 

そのシーラからもらった本は

長老に取られてしまっていた。

 

19

 

長老のところに本を取り返しにいく

クラピカ。

 

クラピカ「長老!!

本をどこにやった!?」

 

長老「さぁな」

 

知らないフリをする長老。

 

しかし、長老もすでに本の内容を読んでいた。

 

そしてクラピカから読んだ感想を聞かれ・・・

 

長老「…うむ、いい本だ。

夢と勇気にあふれ…

年甲斐もなく胸がおどったよ。」

 

クラピカと同じく、長老も外の世界のことが書かれた

本に魅了されていた。

 

しかし、本の内容はあまりに美しく書かれていた。

 

現実と少しかけ離れていた。

 

しかしクラピカはまったく引かない。

 

外の世界に出れば困難が待っていると長老が言おうとすると、

20

 

クラピカ「そういう困難に負けちゃいけない!!

がんばって生きてみろ!!

D・ハンターはそう教えてくれてるじゃないか!!

 

そしてクラピカが長老にお願いをする。

 

クラピカ「お願いだよ長老。

(外の世界に行くための)試験を受けさせてよ!!

もしそれで不合格ならもう2度と外の世界に行きたいなんて

言わないから!!

 

クラピカの熱意に負けた長老は、とうとうクラピカのお願いを承諾する。

 

ここからクラピカの猛勉強が始まる。

 

21

続きハンターハンター クラピカ追憶編③はこちら!

ハンターハンター クラピカ追憶編①

クラピカ追憶編
ハンターハンタークラピカ追憶編

 

クラピカ追憶編

クラピカ「どーしてダメなの!?」

12

 

長老「掟だからだ!!」

 

いきなりクラピカと長老との

言い合いが始まる。

 

どうやら幼い頃のクラピカには納得できない

村の掟があるようだ。

 

そしてその納得できないこととは、

「外の世界を見る」ということ。

 

クラピカが育った村は、そこから

出てはいけないという掟があった。

 

そして、なぜ森の外に出たらどうなるかと言うと

 

13

 

「誰も(掟を)破ったことが無いから

どんな罰があるかわからない」

のだという。

 

パイロ「もうあきらめた方がいいんじゃない?」

 

クラピカの友達パイロもクラピカを止めようとするけど、

クラピカの意思は固い。

 

14

 

クラピカ「やだね!

絶対オレ、今すぐ外の世界へ行くんだ!!」

 

ただし、大人になれば外に出る試験を受けることができる。

 

そしてその試験に通れば外に出れる。

 

でもクラピカはすぐに外に出たいんだ。

 

あまりの怒りに目が赤くなるクラピカ。

 

パイロがなぜこんな掟があるのかを話し出す。

 

パイロ「コーフンすると、目が赤くなるのって

ボク達クルタ族だけなんだって。

だからミゼルおばさんとかチクタさんとか外から一族

に入った人は怒っても赤くならないんだって。

だから、ミゼルおばさんとかチクタさんとか外から

一族に入った人は怒っても赤くならないんだって。

外の世界の人は自分達と違う人をサベツ(差別)

したり、イジメたりするって。

だから秘密を守れる”大人”しか外には行けないんだって」

 

掟は外の世界から自分たちを守るためにあったんだ。

 

これを聞いたクラピカはどこかに急いで走っていった。

 

一年前にクラピカとパイロは、森で外の人間に会っていた。

 

15

 

名前はシーラ。

 

喉が渇き、死にかけていた。

 

16

 

クラピカたちは水をシーラに与えた。

 

シーラは助けてもらったお礼に

外の世界の本をクラピカたちに差し出した。

 

17

 

言葉がお互い通じないので、

シーラの足のケガが治るまで、

辞書を使ってのやりとりが続いた。

 

18

 

そしてクラピカたちは外の世界の情報を

シーラから教えてもらった。

 

シーラがくれた本は、

ハンターが書いた冒険活劇だった。

 

そしてシーラもハンターを目指していた。

 

クラピカたちは辞書を片手に本を読み漁った。

 

ある日シーラはいつもの洞窟から消えていた。

 

続きハンターハンター クラピカ追憶編②はこちら!

クラピカまとめ

クラピカ

クラピカ

クラピカに関する基本情報
年齢 17歳 血液型 AB型
身長 171cm 体重 59kg
誕生日 4月4日 念の系統 具現化系(特質系)
出身地 ルクソ地方 ハンター試験 第287回試験合格

 

生い立ち

クルタ族唯一の生き残り。

 

クルタ族の特徴として、感情が激しくたかぶると瞳が

燃えるような深い緋色になる。

 

そしてその状態で死ぬと緋色は褪せることなく瞳に刻まれた

ままとなる。

 

この緋の輝きは世界7大美色の1つに数えられている。

 

クラピカは普段はカラーコンタクトで隠している。

 

クラピカ緋色

 

クルタ族はクラピカを除き、

幻影旅団によって皆殺しにされる。

 

幻影旅団に狙われた理由は、この緋色になった目だ。

 

興奮状態で皆殺しにし、目だけを奪われたクルタ族。

 

クラピカは、この同胞たちの目を奪い返すために

一人孤独な戦いに立ち向かう。

 

クラピカの子供のころについては「クラピカ追憶編」を参照

 

人物像

 

つねに冷静かつ合理的な判断を素早く行い、

周りからの信頼を集める。

 

ノストラードファミリーに入ってリーダーが

幻影旅団に殺されるが、周りからの信頼が

一番厚いクラピカがリーダーになる。

 

その冷静なクラピカだが、幻影旅団を見ると

冷静さを失ってしまい、逆に周りがフォローする

こともしばしば。

 

171

 

 

能力

 

古代文字に関する知識や動物植に関する知識など、

とても幅広い知識を持ち、また実践に活かしている。

 

また、観察力・判断力ともに優れ、頭脳戦においても

相手を圧倒する。

 

念能力は「具現化系」である。

 

ただし、緋の目になったときのみ「特質系」となる。

 

そしてその特質系の能力は、「どの系統の能力が

100%引き出せる」という長強力な能力をもつ。

 

しかし、長時間緋の目になるのはクラピカにとっても

かなりの負担になる。

 

通常は具現化系として鎖を武器としている。

 

鎖は右手の5本指とつながっていて、

指ごとにその鎖の能力が異なる。

 

176

親指「癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)」

172

 

強化系の能力である。

 

緋の目発動時に使用できる。

 

自然治癒力の強化をすることができる。

 

ウヴォーギンとの戦いでクラピカの腕が折られるが、

「癒す親指の鎖(ホーリーチェーン)」で一瞬に治した。

 

人差し指

 

どういう能力があるかはまだ不明。

 

中指「束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)」

 

178

中指「束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)」によって捕えられた者は、

強制的に「絶」にさせられた上で拘束される。

 

念能力は誓約と制約によって強化することができる。

 

「束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)」は、

幻影旅団にしか使わないという制約をつけ、

またもし幻影旅団以外に使えば即座にクラピカ

の命を奪うようにプログラムされている(誓約)。

 

そうすることで、念の力を強くしている。

 

173

実際、幻影旅団で一番力が強いと思われる

ウヴォーギンでさえ鎖を切ることができなかった。

 

これはつまり、幻影旅団を捕えてしまえば絶対に逃げることができない

ということだ。

 

薬指「導く薬指の鎖(ダウジングチェーン)」

177

 

鎖が揺れるかで相手が嘘をついているかを知ることができる。

 

しかし、これは相手が自分自身で嘘をついていると

分かっていないと反応しない。

 

(ヒソカは嘘つきなので)ヒソカに使えば有効かもしれない。

 

小指「律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)」

179

 

この鎖をクラピカが相手の心臓に打ち込むと、

クラピカが定めた法を破ればすぐに鎖が発動して、

心臓を握りしめる。

 

クラピカの心臓にも埋め込まれていて、幻影旅団以外に

「束縛する中指の鎖(チェーンジェイル)」を使うと

クラピカも「律する小指の鎖(ジャッジメントチェーン)」で

死んでしまう。

 

緋の目発動時のみ使用が可能。

ゴン=フリークスまとめ

132

WS000042

ゴン=フリークスに関する基本情報
年齢 12歳 血液型 B型
身長 154cm 体重 49kg
誕生日 5月5日 念の系統 強化系
出身地 くじら島 ハンター試験 第287回試験合格

 

生い立ち

幼少期をいとこのミトさんに育てられ母親代わりとなっている。

 

ゴンの父親は「ジン=フリークス」といい、二ツ星(ダブル)ハンターである。

 

ゴンは偉大な父親であるジン=フリークスに会うため、ハンターになろうとする。

 

母親については、いまだ不明である。

 

人物像

 

性格的には、裏表が無く正義感が非常に強い。

 

仲間をとても大事にし、曲がったことが大嫌いだ。

 

また、意志がとても強く、一度決めたことは

一歩も譲らない。たとえ命をかけてでも・・・。

 

WS000043

 

 

能力

 

幼少のころから野山で育ったため、五感がとてもするどい。

 

嗅覚などはレオリオの香水の匂いで数km先の居場所を

つきとめることができるほどだ。

 

WS000044

 

また異常に回復力が早く、

全治4ヵ月の骨折を1月で治してしまったことがある。

 

念能力は「強化系」に属する。

 

必殺技はジャンケンと念能力を組み合わせた「ジャジャン拳」である。

 

「グー」が強化系で「チョキ」が変化系。

そして「パー」が放出系の能力である。

 

WS000045

WS000046

WS000047

 

当然「グー」の強化系が一番威力があり、

その次に「チョキ」の変化形でやや放出系が苦手である。

 

いずれも強化系と相性が良く、徐々に威力も強くなってきている。

 

またキメラアント編でのピトーとの戦いでは、

相手を倒せる年齢まで強制的に自らを成長させた。

 

WS000048

しかしその結果、ゴン自身も大きな代償を負うことになる。

 

キメラアントとの戦いで生死をさまようことになるが、ナニカの能力によって

助かることになる。

 

ところが、その後ジンと会ったときに念能力を喪失していることが判明するが、

原因は不明である。

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第110話「9月4日⑨」

198

ハンターハンター ネタバレ 110

198

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第110話「9月4日⑨」

 

雨が降る中でも耳を澄ませ旅団たちの音を聞くセンリツ。

雨音で内容は聞き取りづらいようだが、

それでも足音から相手は5・6人、女も混ざっている、

こちらとは反対側に向かっているわねと言うセンリツ。

 

うわっ!そういう能力とは言え

そこまで判別できるセンリツの聴力すごすぎだ!!!

 

センリツはキルアと旅団の尾行を続けながら言う。

 

「クラピカも大分せっぱつまってるみたいね

あたしにまで協力を頼むなんて

本当は全部一人でやりたがるでしょ あの人」

 

ごもっとも。(苦笑)
そうなんだよね、クラピカは自分ひとりで何でもやろうとしてしまう。
そう言う性格だからなかなか直らないだろうけど。。。

 

そしてキルアに「あなた・・・まさか殺し屋さん?」と聞くセンリツ。

 

近くにいてもやっと聞こえる程度の音しか出さないキルアの

足音から判断したのだ!
殺し屋として育ってきたキルアはそう言う癖が身についていたのだろう。

 

「クラピカがあなたを頼る気持ちもわかるわね」

 

建物によじ登り、標的がいるかを確認するキルア。

 

199

 

本命を見つけるとゴンに電話する。

 

「あの女がいたぜ だけど仲間と一緒だ 6人で行動してる

その中にあのチョンマゲもいるぜ

あと一人オレ達が昨日見てない奴がいる・・・」

 

そう、ソイツが旅団のリーダー!
髪型はオールバックで背中に逆十字つきの黒いコートを羽織ったクロロ。

 

当然隙などなくキルアでさえも正面なんかこわくてまわれないという。

 

ゴンからクラピカに電話を変わり旅団たちの向かう先に見当をつけたクラピカは

電話で旅団がホテルへ向かってる事をホテルで留守番中のスクワラに話す。

 

冗談じゃねぇ!もちろんズラかるぜ!とスクワラは

”緋の眼”だけを持ち出し部屋から逃げ出すのだった。

 

200

 

あぁあああ!その”緋の眼”は持って行ったらアウトだってば!

 

しかしそれが偽物の”緋の眼”で

尚且つ円の力で位置発信機能まであるとは知らないスクワラ。

 

このままでは位置がバレバレだ!

 

キルアとセンリツの情報により

リバ駅に付いたゴンとクラピカ。

 

駅の手前でゴンだけが降りる。

 

「これ以上近づくと私の敵意に相手が気付く恐れがある」と言うクラピカ。
そしてこれが旅団に存在を気付かれずに攻撃できる距離だという。

 

「ここから攻撃が到達するまで約0.5秒

奴等ほどの使い手ならば余裕でかわせる時間だろう」

 

『何かに気をとられでもしない限り』

 

覚悟を決めるゴン。

 

キルアは遠くに旅団に姿を見つける。

 

42

きっといくら逃げても旅団に位置がばれているであろうスクワラ。

 

どうなってしまうのか今後の展開が気になる。

 

40

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓

ハンターハンターあらすじ・ネタバレ・感想 第109話「9月4日⑧」

37

ハンターハンター ネタバレ 109

37

ハンターハンタ―あらすじ・ネタバレ・感想 第109話「9月4日⑧」

 

キルアはコルトビが街中に仕掛けた偽のアジト(建物)

の存在に気付く。

 

コルトビは物をコピーさせ、尚且つそのコピーしたものは

”円”の役割をする。

 

だからその偽ものの建物に入ってしまうと存在がバレてしまうのだ!

 

偽の建物にどんな罠があるのかわからないため、慎重になるキルア。

 

さすが・・・勘が良い!

 

その頃クラピカはキルアから連絡を貰い

この作戦にセンリツが必要と判断する。

 

早速センリツに連絡を取るクラピカ。

 

センリツはクラピカの指示通りキルアと合流する。
ものすごぉく小さな声でも聞こえるセンリツ。
遠く離れていてもキルアの指示が届くのだ!!

 

このセンリツの能力、すごい便利!!

 

一方、旅団達はノストラードの娘、ネオンがなぜヨークシンに来たのかを話していた。

 

占いの能力ばかりに気を取られていたクロロ、
しかしネオンが”人体収集家”と言うもうひとつの顔がある情報も握っていた。

 

つまり、ネオンがヨークシンに来た目的は

オークションに出品されていた”緋の眼”だ!!と言うことに気が付く。

 

38

 

しかもだ、鎖野郎の目的は2つあった。

 

『旅団への復讐と仲間の眼の奪還』

 

クロロはメンバーに確認する。
するとコルトビは 「あったよ たしかコピーした」と答えたのだ。

 

やっぱり!!”緋の眼”もコピーされていたかっ!!!

 

しかもコルトビの能力はコピーしたものに対し”円”の効果があるため

本物を触るとそのコピーがどこにあるのかわかってしまうのだ!

 

本物の”緋の眼”を盗んだオークションの品の山から見つけ出し、

「同じ形のものは あっちの方角・・・だいたい2500メートル」

 

『そこに鎖野郎がいる・・・!!』

 

クロロは地図を広げ、コルトビが示した方向と距離から

ある建物を割り出した。

 

”ホテル ベーチタクル・・・!”

 

鎖野郎の居場所がわかったノブナガは自分が行くと志願する。
しかしその代わり自分も一緒だというクロロ。

 

「単独行動は許さない」

 

その頃、ホテルベーチタクルではスクワラが留守番をしていた。

 

39

そのスクワラの傍らには偽物の”緋の眼”がっ!!!
つまり、この場所を旅団に特定されているという事。

ルームサービスなども警戒を怠らないスクワラだが、

もっとも危険なのは”緋の眼”のコピー品。

 

このままではスクワラが危ない!!

 

スクワラは無事に乗り切る事ができるのか!?

 

目次ページはこちらをクリックしてね↓↓↓